身体を動かすから頭が動く

O指導員「リッツさん、動きや型をもっとちゃんと見てください。

分からなかったらユックリやって。

それでも出来なかったら、片足、片手づつから覚えてください。」

 

F指導員「リッツさん、自分がどう動いているのか想像してください。

動きを想像出来ないと、自分が何をしているのか分からなくなります!」

 

武藝団の指導員であるO氏やF氏をはじめ、

沢山の方達に教えてもらいながら、身体を動かすことに没頭しました。

 

リッツ「身体なんて、高校生以来動かしてないよ~~~~(涙)。」

レノンリー「頭を動かすには体を動かすしかない。

俺たちは動物だ。

動く生き物だ。

 

動いて食べ物のある所に行き、動いて食べ物を取って食べていた。

動くことが、俺たちの生命の根源なんだ。

動かなくなると脳みそが固まってくる。」

 

リッツ「確かに、動かずに入院しているご老人などは、

痴呆が早まるって聞いたことがあります。」

レノンリー「他人の下動きを、目で見て自分の身体で再現する。

ダンスを小さいころからやっていたら、それは何も考えずにできるけど、

そういう訓練をしていなければ、とても難しい。

 

何故ならば、そこの脳内回路が繋がってないからだ。

でも、俺たちは頭で考える事よりも、身体から脳にアクセスして回路をつなげる方が早い。

身体は直ぐに頭の回路を繋ぐことができる。

でも、頭からだと非常につながりにくい。」

 

リッツ「身体を動かして、その動きに慣れてきたら、

回路が繋がってるってことですか?」

レノンリー「考えなくてもできるようになったら繋がってるってことだ。

 

そこまで落とし込まないとだめだ。

身体を動かす事で、動きを潜在意識に落とし込め!

そして、その動きを思考することで、顕在意識で認識しろ!

これが頭を使うってことだ。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。