志体術インストラクター講座

本日は仙台で志体術のインストラクター講座です。

新規の人も来られたので、久しぶりに新規の人を交えたワークもする事が出来ました。

前日は、午前4時まで杉村隊長と「武学」の未来について熱く語り合いました。

新しい方が増えるのは喜ばしい事ですね。

「武学」は他のどんなセミナーや講座とも違い、

リアルで体感を通じたワークを行うことにより、

個々の中に気付きを発生させるものです。

主人公はあくまでも講座を受けに来た本人です。

そして最大の特徴は、「場」のエネルギーを使って、

全ての答えを取り出す事です。

私は何度もこの、「場」のエネルギーと言う言い方をします。

マインドセットや禊と深くかかわる事なので、今回はこの話をします。

講師にとって最も重要な仕事とは何でしょうか?

これは「武学」の講師に限りません。

例えば学校の先生や、塾の先生。

コーチ、営業マン、会社の上司・・・・・・。

志を出す重要性をワークで

様々なシーンで必要なこのスキルは、

「相手のエネルギーを見るチカラ」。

もしくは、「相手の欲しいものが何であるかを知ろうとする力」です。

ダレた状態だと、七要は曲がり、志も出ないし、場のエネルギーも創られません

自分の伝えたいことや、やりたいことをするのではなく、

相手の望んでいることは一体何なのだろうか?

それを真剣に考え、そしてそれを一人一人が表現するまでに持って行く。

それが人を導く立場にある人に必要なスキルです。

七要のチェックです 時間をかけてじっくり

私は多くの事をしているわけではないのです。

ただ、目の前に座った人が、いったいこの講座で何が欲しいのか?

それを明確にするために私がいるのです。

そしてもう一つの重要な仕事は、

七要を正し、志を出すと、一体身体はどのようなエネルギーを準備するのか・・・・・?

「場」のエネルギーの最大公約数を設定する事です。

これは、スーパー営業マンや、人気のある塾講師。

部下から支えられる社長や上司など、

多くの人が意識せずに使っているのですが、

エネルギーが整えば、女性であっても難なく私を押し上げる事が出来ます

何らかの結果を出している人は必ず「場」のエネルギーを、

知らず知らずにセッティングして使っているのです。

しかし認識が無ければ、何時でも最高の「場」をセッティングすることは出来ません。

「武学」はそれを誰でもわかるように見える化することで、認識できるようにしているのです。

七要が整えば、全く指が開かなくなります

ただ、「武学」を伝える講師が他の講師と圧倒的に違うのは、

「場」のエネルギーとは、自分も含めた全員の力と、

天地宇宙である森羅万象の力を借りているところです。

ですから、一番初めにしっかりと「禮」を全員で行い、

その「場」と自他を禊ぐ事で、最もその「場」に適したエネルギーの、

最大公約数を創り上げる事が出来るのです。

無論私一人で出来る事ではありません。

皆さんの力があるからこそ、成し得る事が出来るのです。

本当に「感謝の具現」だなぁ。

と、「場」のエネルギーが整ったときに感じます。

このような講座を開くことによって、一番禊がれているのは、

もしかしたら講師かも知れませんね(笑)。

仙台メンバーもゾクゾクと駆けつけてくれました

インストラクター講座は本当に素晴らしい状態で迎え終える事が出来ました。

参加された方、スタッフでサポートしてくださった方、

本当にありがとうございます。

次回は鹿児島インストラクター講座ですね。

弥栄!

世界に変革を与える武学者として立つ同志達を探して。

私は本日も粛々と、己の使命を全うします。

素晴らしい機会を、ありがとうございました。

20201102 安西裕也

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。