検索エンジンとは・・・?

人間の脳みそは、電気信号の認識で機能しています。

実は人間の肉体の方がとてつもなく細かく造られていて、

物凄く高度な精密機械が組み合わさっているらしいのです。

 

リッツは脳みその方が精密機械なのだと思っていたんですが、

脳みそはかなりファジーに造られているそうです。

だから、錯覚や誤差などが生じるのかもしれないですね。

 

ただ、ファジーに造られているからこそできる、スーパー能力があるのです。

それが「脳の検索エンジン」です

PCで例えると分かりやすいのですが、

一つの画面を開いて、グーグル検索をかけます。

 

しかし、100の検索をいちどにかけてしまうと、PCのスピードはかなり遅くなります。

その他の機能や性能も下がってしまいます。

それは検索に多くのエネルギーを使うからです。

 

しかし、人間の脳みそは、一度検索をかけると、

その検索がかかりっぱなしになるのです。

しかも、その検索をかけていたことを忘れて、

他の検索をする事が可能なのです。

 

人間の脳の持つ「忘れる」と言う機能は、

実はスーパー能力なのですね。

しかし、単に潜在意識上で「忘れて」いるだけであって、

検索エンジンはかかりっぱなしなのです。

 

しかも自分の納得のいく答えを導き出すまで。

凄くないですか?

このような経験をしたことが無いですか?

一時疑問に思っていたことがあって、どうしても答えが分からずにモヤモヤしてました。

 

しかし、次から次から情報が入ってくるので、モヤモヤしていたことすら忘れていました。

全く違うことをしていたのに、

まるで閃いたかのように、そのモヤモヤの答えが急に分かったりする事。

 

実は結構よくあります。

「あ、そっか。 そーいうことだったのか~~。 あースッキリした!」

よくありますよね。

 

実はこれは脳の検索エンジンがかかっていて、

その時には答えを導き出せなかったものも、

日々受け取る情報から、答えを自動的に認識せずに間に模索しているのです。

 

スーパーコンピューターですら難しい事を、脳は平気でやってのけるんですね。

これは電気信号だから出来る事らしいです。

所謂、同線に電気を流したら電球が点く。

あれと同じ現象が頭の中で幾つも幾つも起こっているんですね。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。