生きる恐怖を初めて知る

 

 

リッツ「わ、私の人生の目的は、ありません!!

私は、生きる目的を持っていない人間なんです!!

何のために生きているかなんて考えたことすらありません!」

リッツはよっぽどひどい顔をしていたと思います。

 

自身をごまかしながら生きていることは自分で分かっていました。

小さいころから絵が好きで、母の勧める仕事を無理やり押しのけ、

絵の道に進んだのはいいけれども、高価な画材代を稼ぐことと、

働きながら学校に行くキツサに、単位を取ることもままならず、

母に迷惑をかけつつ何とか卒業出来ました。

 

それなのに、絵で仕事について何とか母への恩を返そうと思っていた矢先に、

バブルが崩壊して就職が出来なくなりました。

まともな資格を一つも持っていなかったリッツは、フリーターになるしかなく・・・・。

自分の好きな事も、才能も、それで生きる未来も、

自分には到底実力がないことに嫌というほど思い知らされ、

 

フリーターをしながらも、半分引きこもっているような生活を送っていた矢先に、

母から地方公務員の仕事を恵んで貰ったのです。

何とかそこにしがみつき、怒られない程度に仕事をしていました。

 

絵をあきらめきれない中途半端な自分。

親に迷惑しかかけていない自分。

惨めで無才で、誰の何の役にも立たない自分。

自分は意味がないと思いながらも、どこかに縋りつくところがあると思っていました。

 

しかし、生きる目的がない・・・・!

この事実は、リッツに大きな衝撃を与えました。

手足が小刻みにブルブルと震え、体が冷えていく感じがしました。

リッツ「(自分は人生の中で、何も見いだせていなかったのだ。)」

 

自分は今まで一体何をして生きてきたのか・・・・?

足の下に大きな穴が開き、そこに吸い込まれていくような感覚でした。

何故なら、本当に自分は生きている意味がないことに、気が付いてしまったからです。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)