努力をしろ! 多角多面思考 その1

今考えると、かなり無謀な事をしていると思ってください(笑)。

天命とは、自分はまさに全宇宙の創造主であり、神であり、宇宙そのものである。

そのような抽象度を持ち、そこから発する言葉を文字化する事なのです。

 

ですので、課題で出されたテーマが、

「宇宙」とは、「銀河系」とは、「宇宙創成」とは、「ビッグバン」とは、「地球」とは・・・・。

などの高次元の事を調べてください。

という依頼でした。

 

それを自分自身で認識することにより、「今の自分の状態」の持つ、

最も高い抽象度から「自分が宇宙の創造主である」言葉を出すのです。

無謀です(笑)。

 

しかし、何が何でも出さなければいけないのです!

様々な映像を観ました。

宇宙の成り立ち、惑星の大き特徴の比較、マクロからミクロの世界・・・・等々。

 

それぞれ10分以内の動画だったと思いますが、

その後に30以上の質問に応え質問、

その質問のたびに5人でセッションをしました。

そして、そのつどインフィニティ・クエスティングを全員で行ったのです。

 

朝の9時から始まり、夜の8時まで。←借りた施設の開いている時間

お昼ご飯などありません。

飲み物以外口にしないで、ひたすらプログラムに全員で挑み続けました。

 

「魔法会議」や「志体術」で自身の「陰志」や「陽志」、「魂志」を出すときの質問に、

片鱗が残っています。

当時はもっともっと質問が多かったように思います。

11時間は足りないくらい、あっという間に過ぎていきました。

 

ここで次に必要となった思考方法が、

「多角多面思考」です。

インフィニティ・クエスティングは、深く掘り下げるために使うだけではありません。

集団で使えば、多角的にモノを観る時にも非常に有効です。

 

レノンリー「本質認識思考は非常に重要だけれども、

これは一つだけ難点がある。

それは、やりすぎると自身の思考に偏ってしまうところ。

 

しかし、インフィニティ・クエスティングをチームで行うと、

一つのテーマに対して、様々なものの見方や意見が出てくる。

 

それは形の見えなかったものが、他の人の脳みそを借りて、

全員で共有していることになる。

リッツはビッグバンが謎すぎてわからないって言ってたけど、

一番初めに自分の課題を発表した時と今ではどうだ?」

 

リッツ「今でも理解は出来てないんですが、

皆の話を聞いていて、何となく分かるようになりました。」

レノンリー「これが努力だ!」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。