多角多面思考 その2

リッツ「努力・・・・・・?」

レノンリー「そう。」

リッツ「えっと、他の人との意見交換をする事が努力・・・?」

レノンリー「意見交換じゃない。 そのもっと前の段階。」

 

ジョーイ安西「努力って、一人ですごい頑張ったり、

一人でコツコツと地道に同じことをするイメージがあるんですが、

違うんですか?」

レノンリー「違う!

 

努力の文字を分解すると、「奴 ヤツ」「力 チカラ」となっている。

つまり、努力とは、『ヤツのチカラを借りる力』の事をさしている。」

 

O皮氏「ヤツのチカラ・・・・・・?」

レノンリー「つまり、自分以外の他の人の力を借りる力が、努力をするという本来の意味。

根性論は単にそこに結び付けられただけで、

どちらかというと、自分の力で頑張らないっていうのが正解。」

 

Sの木氏「え? 頑張らないんですか?」

レノンリー「頑張らない。 頑張る事なんて時間の無駄だから。」

全員「え~~~~・・・・・。」

 

レノンリー「自分一人で出来る。

なんて思うことは慢心でしかない。」

全員「・・・・・・・・・・・。」

 

レノンリー「多角多面思考とうのは、弱いリーダーシップを発揮する方法だ。

他の人のチカラ、もっと言えば他の人の脳みそを借りるということは、

自分以外の人の力を認めている? 認めていない?」

 

O皮氏「認めています。」

レノンリー「他の人の力を認めているということは、

自分自身の力が強いと思っている? 弱いと思っている?」

Sの木「多分、その人は自分の力は弱いと思っています。」

 

レノンリー「他の人の力を借りたいと思えるには、

何が必要だと思う? ジョーイ答えて。」

ジョーイ安西「え・・・・・? 思うじゃなくて、思える・・・・?

自分では出来ない事に挑戦する・・・・。 ですか?」

 

レノンリー「正解!

つまり、大いなる目的に向かうのに、自分一人の力ではどうにもできないと知っている。

他の人の力を借りる時には、一体どのような事を行う? リッツ答えて。」

リッツ「・・・・・・えっと、力を貸してほしいから・・・。

お願いする・・・・・・?」

 

レノンリー「そう!

他の人にお願いをして力を貸してもらえる力。

これが弱いリーダーシップ。

つまり、『努力』だ!!」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。