本質認識思考 その3

レノンリー「宇宙がビッグバンから始まった。

その前には濃いエネルギーに満たされた空間があって、

そこには時間が存在しなかった。

 

分かりやすいビッグバン宇宙論の動画を観ると、

そのような事を言ってるけど、

実際に見た?

その現場にいた?

 

本当にビッグバンは起こったの?

その一点に全ての情報が入ってて、

それが大爆発を起こして宇宙が生まれた?

そしてその宇宙は今もなお広がり続けてる?

 

これ、誰が証明できるん?

宇宙の年齢が137億歳って、本当か?」

リッツ「・・・・・・誰も証明できない・・・・・。」

 

レノンリー「正解!!」

リッツ「では、この世界は幻想なんですか?」

レノンリー「リッツが幻想だと思えば幻想だし、

幻想でないと思えば幻想でない。」

 

ジョーイ安西「・・・・ビッグバンは無い?」

レノンリー「ジョーイがそう思えばそうなる。

ジョーイにとっては、そういった世界って事になる。」

 

O皮氏「え? じゃあ、世界は自分が創ってるんですか?」

レノンリー「それ以外、どう表現する?」

Sの木氏「いや、しかし、僕の知らない事が、僕の知らないうちに起こってる・・・・。」

 

レノンリー「共通認識の地球世界と言う、舞台はあるだろう。

だけど、そこで何かの事象が起きたとして、

その捉え方は全員一緒?

答えや結論や解決方法を導き出すプロセスは一緒?

そしてみんな同じ答えを出して同じように行動する?」

 

ジョーイ安西「あ・・・・! そういう事か・・・・・。

確かに、この世界は俺が創ってるわ・・・・。」

レノンリー「としか答えが無いねん。

 

ジョーイは、ビッグバンが宇宙を創ったと、答えを出した。

リッツは、宇宙皆兄弟と言う答えを出した。

O皮氏は、宇宙の解明が人類の発展につながると答えを出した。

Sの木氏は、科学者たちが様々な見方をして宇宙の解明をしたと答えを出した。

 

今のところね。

この、今のところってのが大事。

新しい情報や知識を入れると、自身のものの見方が変わって、

また、違う深堀をするようになる。

 

武学三大思考の一つ、本質認識思考は、

答えを導き出すんじゃない。

答えになんか何の意味もないからだ。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。