人々が崇拝する神とは? その2

リッツ「え?

ええ??」

レノンリー「思ったことを言っていいぞ。」

リッツ「えっと、幻想?」

 

レノンリー「・・・・・いきなり核心つくなよ・・・・。」

リッツ「いや、でも、必要な人もいると思うんです。」

レノンリー「どんなひと?」

リッツ「実際それを信じて、幸せになった人とか・・・・・。」

 

レノンリー「そうやねん。 結論で言えば幻想や。

全ての宗教、神話、神。

全てが幻想やねん。

実際に起こったところを見たやつはおそらくおらん。

 

見たところで自分が行動してないなら、創造してないなら、

それは幻想でしかない。

つまり、この世界で自分が創造したもの以外は全部幻想ってことになる。

 

でも、この幻想は、決して悪じゃない。

俺たち人間は、幻想を見て、実際に力を発揮する事が出来る。

それが誰かによって創られたモノ、本物ではないモノと分かっていても、

それに縋って力を発揮する事が出来る。

 

例えば、「あしたのジョー」にあこがれてプロボクサーになった奴は、

山のようにいたはずやし、

「アンネフランク」や「キャンディ・キャンディ」にあこがれて、

看護師になった人も多くいるはずやねん。

 

幻想は、使い方一つで、その人の人生をも左右する大きな力を発揮する事が出来る。」

ジョーイ安西「つまり、このカラクリをそ知った人が、

他の人の力や時間を自分たちの為に使ってって事ですか?」

レノンリー「いきなり核心つくね~~~~。」

 

ジョーイ安西「いや、皆に課題を振る前は、「お金」についても少し調べていたんで・・・・。」

レノンリー「正しくその通り。

お金も幻想。

だって一万円札って、紙やろ?

 

宗教であれ、金融であれ、幻想なのに、

その幻想のせいで、人々は争い命を落とし、

ある人は幻想を稼ぐために、ひたすら社畜として自分の時間を費やし続ける。

これっていったい何?」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。