「志命」を出す その3

Sの木編 1

レノンリーは立派なスピーチ机を部屋の中央に設置しました。

レノンリー「Sの木氏、目を閉じて想像してください。

貴方には成し得たい事があります。

貴方は、地球で一番初めに皆に選ばれた、地球大統領です。

 

国境、言葉、人種、人類と言う垣根さえも超えて、

人間、動物、植物が、貴方の掲げた目的に賛同しました。

アナタの人生は決して楽なものではありませんでした。

多くの挫折を味わい、何度も人生を諦めようともしました。

 

しかし、それらは全て、今のアナタの肥やしとなりました。

自分の中に荒ぶる神が眠っているのを知りました。

自分一人の力では、到底成すことは出来ない大きな太志を知りました。

 

全ての生命に選ばれた、地球の代表として、

初めてのスピーチを皆の前で行います。

そんな未来のアナタは、貴方の言葉を聞きに来た世界中の生命に、

一体どのように語りかけますか?

 

・・・・アナタの準備が整ったら、ゆっくりと前に出てきて、

はじめてください。

時間制限はありません。」

Sの木氏「・・・・・・分かりました。」

 

彼の声が震えていました。

とてつもなく緊張しているのでしょう。

それから待つ事数分。

その間、誰も何も話さず、彼の準備が整うのを待ちました。

 

Sの木氏「・・・・・準備出来ました。」

レノンリー「本日は、地球初の全生命の代表である、Sの木氏に来ていただきました!

皆様、盛大な拍手でお迎えしてください!」

全員拍手。

 

中々話し出せないSの木氏。

レノンリー「良いねんで。 思った事を言ったらいい。」

Sの木氏「・・・・・・・・・分かりました。」

 

Sの木氏「本日お集りの皆さん、私が世界大統領のSの木です。

私を選んでいただいて本当にありがとうございます。

本当に、嬉しく思います。」

と彼は率直に皆に感謝の意を表しました。

 

Sの木氏「今でもなぜ自分が、この地球の、世界の代表なのか・・・・。

信じられません。

何故なら僕は、取るに足らない本当にちっぽけな人間だからです・・・・・。」

 

レノンリー公式サイト 無料開門版

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)