レノンリー武学オンライン講座

15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

■無料でお試しください、あなたにリスクはありません。

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられるオンライン講座を作りました。

とはいえ、「武学のオンライン講座ってどんなもの?」とイメージが湧きづらいと思います。
まずは15日間、無料でお試しいただき、「どんな内容なのか?」を知っていただきたいのです。

  • オンライン講座の「無料体験版」を15日間お試しいただけます。
  • 毎日1つのコンテンツを配信します。
  • 無料とはいえ、本氣でお伝えしています。
  • 登録は簡単!「メールアドレス」と「お名前」だけ。

■オンライン講座で得られる成果~「個人」だけでなく「経営者」の方にも

「原理原則」をお伝えしていきます。
「原理原則」はシンプルであり、応用が可能です。

武学の講座
これまでに行ってきた、リアルの講座からコンテンツ出しを行い、0(ゼロ)からオンライン用に撮影を含めて作り直しています。

とても手間がかかりますが、直接お会いしてお伝えするのではないので、系統立ててお伝えしていきます。
できる限り丁寧に。
今後も検証、改善を繰り返して、よりよいオンライン講座にしていきます。

個人の方

  • 自分の進むべき方向性がわかる
  • なりたい自分とそのための行動が明確化する
  • 全力で行う目標がわかり、目標実現を楽しくできるようになる
  • オリジナルの人生を生きることで、自分により一層自信が持てるようになる
  • 仕事が効率化し、時間を有効に活用できるようになる

経営者の方

  • 会社と自らの方向性をリンクし発展のきっかけとなる
  • スタッフと自分の方向性を共有し組織力がアップ
  • スタッフが自ら動き出すモチベーションが与えられる

これだけの成果を得ることが可能です

リー君

記載したのはほんの一部です。
あなた自身の内側から引き出しますので、あなた自身の得たい成果を得ることができるようになります。

  • 身体を使ったワークで成長を体感できます
  • 己を知ることで、自分のブレない判断基準が得られます
  • どんなことで社会貢献ができるのか?人生の方向性が定まります
  • 行動力が加速し、目標実現が速くできるようになります
  • 目標設定や管理の方法が理解でき、今するべきことの優先順位付けが明確化します
  • 目的意識を持った行動につながり、時間を有効活用できるようになります
  • 今するべきことの行動の積み重ねにより、自己信頼感がアップします
  • 感情コントロールができるようになり、コミュニケーション力がアップします
  • 事象を観る視点が多様化し、問題解決力がアップします
  • 主体性とは何か?を理解することで、現状打破(殻を破る)ことができます
  • 関わる人の能力を引き出すことができるようになり、組織運営が円滑化します
  • 大きな想いを目標化でき、行動に一貫性が出るので、信頼を得やすくなります
  • 物事の本質が見えるようになり、根本的な問題や課題を見つけることができるようになります
リー君

無料体験の15日ですべてお伝えできるわけではありません。
まずは「どんなことを伝えているのか?」をご確認ください。

■オンライン講座体験者の声

受講者男性
自分自身と向き合う機会

自分自身とこんなに向き合う機会は初めてでした。
内側に元々あるものが少しずつ引き出され、今まで「忘れたい」と思っていた経験さえ、今に活きているということが体感できました。
補足の資料や体系立てたカリキュラム、原理原則についてをこれでもか!というくらいに伝えてくださいます。
シンプルなので、いろいろなことに応用できます。
(オンライン講座受講中)

受講者女性
シンプルなのに奥が深い

「武学」と聞くと、武器を持ったり格闘するのかな?というイメージを持っていましたが、全く違いました。
毎回のコンテンツでは、シンプルな内容を伝えてくださっています。
今まで簡単なことだと思っていたのですが、実はシンプルほど奥が深いということがよくわかりました。
子供の躾にも使える内容です。
(オンライン講座受講中)

受講者男性
会社経営にも応用できる

会社を経営していますが、「礼」を習慣化すると少しずつ変化が現れました。
なぜかわからないのですが、必要な時に必要な情報が集まってきたり、それまでなかなか動かなかった企画が急に動き出したりと、不思議な変化が起こっています。
一般的なオンライン講座は、何かの情報を伝える1方向ですが、体感を伴った理解ができるので、おすすめです。
(オンライン講座受講中)

■「オンライン講座」の目的:おひとりおひとりのオリジナルの「成貢」を引き出す

私は、力で強くなるためにという理由で武術と出会いましたが、兄の死をきっかけに生きるための真理が知りたくて調べ始めました。
「本当の豊かさとは何だろうか?」「幸せとは何だろうか?」
そのヒントを探すべく、私は現在の偉人達に会いに行くことを決意し、そして、「世界一」と呼ばれる人々に学びました。

『武学』を通じ、彼らを分析し、30年以上かけてその共通点である『成功人生のエッセンス』を抽出することができました。

そしてまた、質問をすればするほど、自他不敗の実践である『武学』は、現代の悩める人類にとって真に必要なものであるとの想いを強くしたのです。

文書だけでの理解は武学的でなく、実践を伴わない可能性が高くなりますが、動画と組み合わせることで実践的になるのではなかろうか?ということを感じています。

また、リアルの場所でも講演・講座などを行っていますが、場所や日程の制約により、参加したいけれどもできない、というお声をありがたいことにたくさん頂戴するようになりました。

より多くの方へ、武学の一端を紹介することで、おひとりおひとりの「成貢」へのサポートができれば嬉しく思うのです。
まずは、基本的な部分をオンライン講座でお伝えできるようにしていきます。

リー君

「成貢?」とあなたは疑問に思うはずです。
オンライン講座の「無料体験版」で詳しくお伝えしています。
「なるほど!」と腑に落とすことができます。

オンライン講座「無料体験版」の学び方:会員サイトにご案内します。

  • ご登録後、IDとPASSを発行します
  • 会員サイトにログインしコンテンツを動画でご覧いただけます
  • メールでもコンテンツ内容をご案内していきます

「オンライン講座『無料版』」のご登録はこちらから(全て必須項目です)

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※受信ドメインを指定されている方は「info@kyouiku.xyz」を受信可能にしてからご登録ください

■「武学」と出会うまで:武学に出会うまでに大きな3つの出来事がありました。

①「自分の力で生きて行けるようになりたい」と思った幼少期

ある日、刑事ドラマを見て刑事にあこがれた私は、父に言いました。
「刑事になりたい!」
ところが『日本人になればできるけど外人だからなあ・・・』という返事。
関西弁バリバリの、日本語しか話すことができなく、てっきり日本人だとばかり思っていた自分が、よもや外人だとは思いもよりませんでした。

わたしが外国人だと、クラスの友達に話すと、一時は「すごい!」と拍手が起こりました。しかし、そこから徐々にいじめが始まりました。
友達の家に遊びに行っても、友達は家にいるにも関わらず、お母さんが「〇〇はいない」と言われたりして、少しずつ一緒に遊んでくれる友達がいなくなりました。
そして、いじめや差別を受けるようになりました。

②強さに憧れた中学・高校時代

そんな時に、ブルース・リーの映画を観る機会があり、ヌンチャクを振り回し、格好よく敵をなぎ倒すブルース・リーを目の当たりにして思いました。
「誰からも、いじめられることなく、馬鹿にされない力が欲しい」
「自分の力で生きていけるようになりたい」

そこから中学・高校時代と、より力を求めて、ケンカに明け暮れました。
いじめに屈することもなくなり、逆にいじめる側になったりもしました。
勉強しても、なりたい職業に就けるかどうかはわからない不安を、力で紛らわせていました。

③武学との出会い

その後、強さを求めていろいろな道場を渡り歩いたのですが、そんな中で偶然、「武学」の師匠と出会うこととなったのです。
この偶然の出会いがなければ、今のレノンリーはないと言っても過言ではありません。

■「武学」とは「どのようにしたら平和にできるのか?」のための「徳の体得」

講座講師

「武学」とは、2,500年前には既に成立していた、原理原則であり、自分も負けない、相手も負けさせない、人生に活用する為の知行徳一の実践的学問です。

「いかに人を統率するか?」を究極に考えたもので、どのようにすれば人が従うか?について、心理などの側面から考察されています。
最初は「従わない者は殺す」というところからスタートしましたが、「究極」を突き詰めていくうちに、人は殺すのではなく活かす、という真逆に行き着きました。

つまり「どのようにしたら平和にできるのか?」ということです。
究極の説明をしてしまうと、「武学」の目的は「徳の体得」です。

■「武学」とは「戦略のための活学(知識を得て、実践する学び)」

『武学』の『武』と『学』には、それぞれ意味があります。

『武』

は、「2つの矛を止める」という意味があります。

お互いが争わないようにする、ということであり、

「戦略」(戦いを略す)

という意味です。

「戦略のための学び」となりますが、では今度は「学び」とは何でしょうか?

「学び」(学問)は、4種類あります。

活学:知識を得て、実践する学び
実学:知識はないが、実践する学び
死学:知識はあるが、実践のない学び
虚学:知識も実践もない学び

このうちの「活学」が「武学での学び」になります。

「からだ」は「身体」と表記します。

身は意識、体は物質的な形、のことを指します。

「心身一如」という言葉がある通り、
肉体と精神は一体のもので、分けることができず、両面であるということです。
つまり、心を変えることにより体が変わり、体を変えることで心が変わる、ということになります。

知識は「身」
実践は「体」

「身体」のバランスは、知識と実践の両面によって初めて成り立つ、ということです。

まとめると、武学とは、

「戦略のための活学(知識を得て、実践する学び)」

です。

「戦略のための活学(知識を得て、実践する学び)」を体系立てて、バランスよく体得していくことが目的です。

武学とは?:レノンリーが約2分でお伝えします。

■「徳」とは何か?:己を知り、己の目的に沿って行動していること


「徳」の文字からその意味を確認できます。

つくりは、心が素直でまっすぐな様で、原字である「悳」を形成。
「彳」(ぎょうにんべん)をつけて、「まっすぐな心で行動するの意」を表わしたものです。

「徳」を定義すると、次のとおりです。

「私は一体何者なのだろうか?」
「なぜ私は存在し、何に貢献しようとしているのだろうか?」
「私はどこへ行こうとしているのだろうか?」
「相手を理解しようとし、相手の存在を観る」

己を知り、己の目的に沿って行動していること

スティーブン・R・コヴィー博士は、「ボイス」という表現をしています。

『第8の習慣』は、「自分のボイス(内面の声)を発見し、それぞれ自分のボイスを発見できるよう人を奮起させる習慣」です。
ボイスについて、コヴィー博士は、「個としてのかけがえのない意義の現れ」と語っています。
つまり、『周囲の人々ひとりひとりの異なるニーズを理解し、それに対して行う、その人にしか果たすことができない「意義ある貢献」』のことを、「ボイス」と言っているのです。

■抽象的、先天的だと思われてきた「徳」は体得することができます。

「徳」について、違う表現をしてみましょう。

(1)自分自身で自らの行動を選択することによって、主体的な生き方をする
(2)原理原則に従って生きる

上記が「徳」であり、「徳」とは、動詞で表現される行動ということになります。

抽象的、先天的だと思われてきた「徳」は体得することができます。

そうすれば、どんな問題や課題も、自分自身で解決できるようになり、深く学べば学ぶほど、人間関係や、自身を取り巻く環境、ひいては、社会全体にも大きな影響を与えることができるようになるのです。

■徳の体得とは①:「心・意・体」のバランス

「心・意・体」のバランス

一般的に言われる、「心・技・体」と意味はほぼ同じ、と思っていただいて大丈夫です。

心:「医術」=心身健康の維持向上:自分自身のコントロール
意(技):「兵術」=戦略(いかに戦わないか?):集団のコントロール
体:「体術」=戦術(具体的な戦闘のための術):相手のコントロール

となります。

「コントロール」という言葉を使っていますが、「一体化」の方がより近い言葉になります。

なぜバランスが必要なのか?ですが、

「徳なき心」は「ただの延命」であり、生きているだけの状態。
「徳なき意」は「殺戮」。
「徳なき体」は「暴力」。

どのように持ちえた力を使うのか?が最も大切なことになります。

「心・意・体」のバランスについて:レノンリーが約1分30秒でお伝えします。

■徳の体得とは②:『無我』の会得=自分の『軸』を創ること


最終的に目指すところは・・・

「水になれ」

ブルース・リーが、老子の引用で使った印象的な言葉です。
『無我』の境地に至れば、無敵となります。

我が無いということは、勝ちたいという感情や欲求もなにも無くなり、戦うという概念もなくなり、敵は存在しなくなるのです。
ここまで体得できれば、敵は自分の中にいることがはっきりとわかるようになります。

最大の敵は自分自身。

『無我』を会得するには、自分の『軸』を創ることです。

自分の軸を創るとは、自分の原則を作ることであり、自分を定義すること。

「自分とは何か」が明確になることにより、自分の軸ができ、そこから様々な段階を経て無我のレベルに至るのです。

「自分とは何か」の明確化が

己を知る

ということになります。

■徳の体得とは③:『己を知る』=「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」


根の如く枝葉が育つ

木はその根を大地にしっかりと根ざし、根を大きく拡げることで揺るがなくなります。
枝葉ばかりを大きくし、根を拡げることを怠ってしまうと、少しの風雨で木自体が倒れてしまいます。

この「根」の部分が「理念」「志」であり、「幹」が目標、枝葉が「行動計画」となります。
理念・志のしっかりとした土台を築き、その理念・志を目標化(見える化)し、行動を続けていくことで、果実である「成果」を手にすることができるようになります。

「なぜそれをするのか?」

いわゆる「Why?」の部分が最も大切であり、この「なぜ?」を忘れてしまうと「手段の目的化」が起こり、これを「砂上の楼閣」とも言います。

「人間学が本学、時務学は末学」

故 中條高徳(なかじょう たかのり)氏。
あまりの低迷に一時は「夕日ビール」とまで揶揄されたアサヒビールを「立志」で見事に立て直した名将です。
中條氏が生前におっしゃっていたこと・・・「子孫が根を張り繁ることで初めて先人が輝く」という言葉です。

「人間学が本学であり、時務学は末学。人間学を学んで初めて時務学が活かされる。」

とも語られています。

人間学とは、人格者への道つまり「徳」、末学とは合理的な生きる算段つまりテクニックです。

根を大切に育てる
根が枯れたら枝葉も枯れる

根は命を育む大地にしっかりと張ります。根・張る=粘る。
根がしっかりとしていれば、風雨にも耐えられ、大きな枝葉や果実を付けるようになります。

では根とは何でしょうか?

「私は一体何者なのだろうか?」
「なぜ私は存在し、何に貢献しようとしているのだろうか?」
「私はどこへ行こうとしているのだろうか?」
「相手を理解しようとし、相手の存在を観る」

これらが、孫子の兵法での

「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」

に繋がっていくのです。

武学オンライン講座『無料版』

■「武学オンライン講座」は今までのレノンリーコンテンツをもう一度再構築しています。

これまでにレノンリーが提供してきたコンテンツをもう一度「オンライン向け」に再構築し、撮影を行いつつ、進めています。

「会議法」「自律管理法」など、レノンリーコンテンツを実践しながらオンライン講座を展開することを行っています。

■「武学オンライン講座『無料版』」のカリキュラム~テーマを持ってお伝えしています。

武学オンライン講座『無料版』会員サイト

お伝えする「カリキュラム」は次のとおりです。
各回ごとにテーマを設定し、レノンリーが語りかけます。
メールでもご案内をしていきます。

知識だけではなく、途中から簡単な実践を行っていきます。
「いい話を聴いた」で終わらせたくないからであり、実践を伴わない知識は何の役にも立たないからです。

毎日1本ずつ、動画を追加します。
ただし「ご登録日から30日間のみの保存」となりますのでご注意ください。

テーマ:レノンリーと武学との出会い

目的:レノンリーはどのような人間なのか?どのようにして武学と出会ったのか?
【第1回】幼少期から武学と出会うまで:「自分の目でキチンと検証する」
【第2回】武学の師匠との出会いと出会ってからの学び・気づき:「明確化の質問」
【第3回】人生の転機~兄の死~:「量子論などとのリンク付け」
【第4回】世界No.1に会いに行く:「宇宙の理(ことわり)」

テーマ:「武学」とは何か?

目的:「武学」の概要について知る
【第5回】「武学」とは何か?

テーマ:「徳育」とは何か?

目的:「徳」の概要について知る
【第6回】「徳育」とは何か?

テーマ:「礼」の作法

目的:「礼とは何か?」を理解し習慣化する
【第7回】「礼」の作法
【第8回】「礼」の3つのポイント
【第9回】「礼」の習慣化

テーマ:武学と成貢の関連性:「成貢(せいこう)とは、『貢献』と『成長』」

目的:「成功」ではなく「成貢」を理解する
【第10回】成貢(せいこう)とは、『貢献』と『成長』

テーマ:簡単にできる武学実践~心意体統一~

目的:心と意識と体の統一について、身体を使って簡単に実践できる方法を知る
【第11回】簡単にできる武学実践~心意体統一~

テーマ:総括

目的:脳の領域で3~4%、DNAで5%『しか使えていない』ことを知る
【第12回】総括編

テーマ:レノンリーから学んだこと

目的:現在学んでいる人へインタビュー(レノンリーの他己紹介)
【第13回】レノンリーから学んだこと

テーマ:レノンリーからのメッセージ

目的:武学を学んでもらいたい人について伝える
【第14回】レノンリーからのメッセージ

テーマ:武学オンライン講座について

目的:武学オンライン講座の概要を伝える
【第15回】武学オンライン講座について

■「武学オンライン講座」は自分を変化させ周囲も変化させる方に参加してほしいのです。

「リーダー・指導者」に伝えたい、とレノンリーは言います。
しかし、今「リーダー・指導者」である必要はない、とも言っています。

自分を変化させ周囲も変化させる
次元の高いところに行こうとしている人

周囲が良くなると自分も良くなり
自分が良くなると周囲も良くなる

こうした想いの方と、

武学を通じて一緒に何かを成し遂げたい

と想っています。

つまり、受講者ではなく、仲間を募っています。

武学を実践していくと、いろいろなことが見えてきます。
「経営」「政治」「心理学」等々・・・
今まで学んできたことが、もっと高いレベルで使えるようになります。

■「武学オンライン講座」は残念ながら習慣化できない人には得られるものが何もありません。

武学オンライン講座「無料版」の中では、「1日5秒の礼を習慣化しましょう」という課題があります。

「武学」とは、「活学(かつがく)」

であり、

知っただけでは役に立ちません。
実践して初めて身に付き、日常に活かすことができるようになります。

真逆をお伝えすると、

たった5秒の礼ができないのであれば、
いくら知識を学んでも実践しないのであり、
何をやっても身につけることはできない

ということで、

「武学」を学んだとしても日常に活かすことはできないのであり、時間を割いていただくことが申し訳ないと思いますので、参加はご遠慮ください。

1日5秒の礼の習慣化ができなければ、何も得られない :レノンリーが約2分でお伝えします。

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられるオンライン講座で一緒に成長を感じませんか?
あなたのご参加をお待ちしています。

「オンライン講座『無料版』」のご登録はこちらから(全て必須項目です)

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※受信ドメインを指定されている方は「info@kyouiku.xyz」を受信可能にしてからご登録ください

■レノンリーからあなたへ

レノンリー
武学を元にした「徳育」をあなたに
初めまして、李隆吉(レノンリー)と申します。
私は、1971年6月に兵庫県伊丹市で生まれました。
父はコリアン、母は日本人で、3人兄弟の末っ子です。
3畳2間の、トイレも風呂もない小さな家で、とても貧乏な暮らしをしていました。

今は武学と出会い、武学を元にした「徳育」を皆さまに広げるために、全国で講演活動などを行っています。
いじめられた経験から、強くなりたいと願い武学に励み、兄の死を乗り越え世界のリーダーから学んだことは、「目的を明確化し、自ら主体者として責任を引き受け行動し、自分を律すること。」でした。

この方法を学ぶことを私たちは「徳育」とし講演活動を行っていますが、場所や日程の制約で参加したいけれど参加が難しい、というありがたいお声をたくさんいただくようになりました。

そこで「徳育」をどこでもいつでも学べるよう、E-ラーニング(オンライン講座)で提供することを決意しました。

■「武学オンライン講座」の仕組み:その先にも学ぶ機会をご用意しています。

さらに深く掘り下げて、「テーマ」を追求していきます。
「武学オンライン講座」の仕組み

無料版が終わると、「正式版」をご用意しています。
15回の無料版、30日間のお試し期間とこだわって行うのは、あなたが何を学びたいか?どんな成果を得たいのか?を明確化していただき、本当にこの「オンライン講座は自分に役に立つのだろうか?」を感じていただきたいからです。

※クラウドファンディングご支援者の方などで「クーポンコード」をお持ちの方は、決済の時点でクーポンコードをご入力ください。
割引価格でのご参加が可能です。

  1. 「オンライン講座『無料版』ご登録」

    15日間、毎日1つずつコンテンツを提供します。
    「武学オンライン講座って、どのような内容なのだろうか?」をご体験ください。
    なお、ご登録日から30日間のみ、会員サイトをご利用いただけます。

  2. 「オンライン講座『正式版』ご登録」

    決済情報をPaypal側でいったんお預かり、30日間の「お試し期間」に入ります。
    「お試し期間」内に退会処理していただくと、料金は一切かかりません。

  3. 「オンライン講座『正式版』」の継続:何も手続きは必要ありません、月額課金を継続して35か月行います。

  • さらに30日間の「お試し期間」を設けています
  • 補足資料(PDF)・字幕入り動画でより詳しくお伝えします
  • 「フォーラム」をセットしていますので、疑問点や感想などを参加者同士で共有できます
  • 36か月間、1週間に1度のコンテンツ配信、2~4回で1つのテーマを扱います
  • 不定期にレノンリーの行った講座などのダイジェスト版を配信します
  • 双方向性のための会議システム、リアルの場の創生を企画します
  • 月額課金制なので、いつでも途中退会可能です

1か月目のカリキュラム

【1か月目第1回】マインドをセッティングする:モチベーションと主体・依存
  • 「モチベーション」とは「無理矢理やる時に必要なもの」であり、本来不要
  • 世の中に依存は存在しない、主体のみが存在する
【1か月目第2回】責任とコミットメントに関する体感ワーク
  • 「責任についてのワーク」でエネルギーが変わることを知る
  • 「コミットメントについてのワーク」でエネルギーが変わることを知る
  • ワークを通じて、人に影響を与えることのできる自分を感じる
【1か月目第3回】学ぶ目的を明確化する:目的と目標の違い
  • 目的と目標の違いと関係性
  • 「あいまいな設定」は、「あいまいな状態」を生み出す
  • 目的と目標のセッティングが大切
【1か月目第4回】目的と目標に関する体感ワーク
  • 明確な目的と目標設定のセッティングがエネルギーを生み出す
  • 「被験者」が目的・目標を設定する場合
  • 「実験者」が目的・目標を設定する場合

「正式版」は「無料版」と違う「会員専用サイト」を使います。

会員専用サイト

無料版のコンテンツも含め、提供済のコンテンツについていつでも会員専用サイトで確認することができます。
どうぞお楽しみに!

「オンライン講座『無料版』」のご登録はこちらから(全て必須項目です)

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※受信ドメインを指定されている方は「info@kyouiku.xyz」を受信可能にしてからご登録ください

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。

 

 

ページの先頭へ