「志命」を出す その2

レノンリー「そろそろ全員書けたかな?

思った以上に早いなぁ。

あ、そうそう。

あの天命を書いているノートな。

 

あれは思いついたことを書き留めるノートとしても使った方が良い。

何か閃いたり、何か感じたり、何か思う事があったりしたら、

直ぐに文字化する癖を自分につけると、

思考を具現化する事に抵抗がなくなる。

 

実際に思い描いたことが現実化するには時間がかかるけど、

エネルギーは意図に従うから、

まずは意図を文字として具現化する事は、

そこにエネルギーを持たせるのと同じやねん。

 

志命が出たら、後で面白い事をしよう。

さて、皆できた?」

レノンリーはさらに新しい紙を一人ずつに配りました。

レノンリー「んじゃ、もぅここで志命を書いてもらおうか。

 

さっきの3枚を参考にして、自分の志命を書いてください!

そしてそれが終わったら一人ずつ発表してください。

制限時間は10分!

よ~~~いスタート!」

 

すでに10時間が経過していました。

それでも何故がエネルギーが枯渇する気がしませんでした。

リッツ「(早く言葉にしたい!!

この溢れるような、強い思いを早く言葉にしたい!!)」

 

おそらくみんな同じ気持ちだったと思います。

脳が疲弊し、身体はクタクタなのに、全員突き動かされるように文字を書き連ねました。

レノンリー「終了!

さあ、誰から発表する?」

 

Sの木氏「じゃ、じゃあ僕から・・・・・・。」

おずおずと手を上げたのはSの木氏でした。

何時も何処か不安げな表情を浮かべている彼ですが、

今は少し違うような気がします。

 

レノンリー「お!! 良いねぇ!

んじゃ、前に出てください!

そして、上座に移動してください。

俺が名前を呼ぶんで、そしたら前に出てきてスピーチを始めてください!」

 

レノンリー公式サイト 無料開門版

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)