弥勒相研秘密稽古会in仙台

仙台より諏訪の方が寒いのは何で?

と、仙台の地に降り立って思ったのがこのワードです。

諏訪の標高は760メートル。

伊達じゃないって事ですね(笑)。

本日の内容です。

ラーメンの時間が長いのは気のせいです(笑)。

トール氏が少し遅れてくるので、それまではマインドセットと軽くSGMを。

今回はこのメンバーなのでかなり濃い内容の稽古が出来そうです。

因みにこの方は杉村隊長 仙台の重鎮です

私は🕊ハトの武学戦士🕊と武術祭で棍術対錬でも出場するので、

今回はその練習も兼ねています。

彼は毎日棍術の練習風景を上げておりますので、

私もウカウカしてられません。

レノンリー先生の「お辞儀のチカラ」の本が発売されます

午前中は、今後の弥勒相研のありかたや展開を皆さんと共有しました。

弥勒相研の魅力は、何と言っても一人一人が精鋭部隊であること。

そして一人一人が天下の大将軍級の実力者となり、

世界に役する武学者になる事。

私はそれを導く一人でありたいと思っています。

昼からは練習をミッチリと行いました。

ラーメン昼栄のあと、少し仮眠を取り皆で練習を。

初心者の方がいらっしゃらないので、かなり密な練習をする事が出来ました。

指導すればするほど、

レノンリー先生の言っておられることが腑に落ちます。

梨沙さんにヤられる隊長(笑)

レノンリー「エネルギーワークだけの練習をしていたら、

絶対に志からブレて思考寄りになって片手落ちになってしまう。

そうならないためにも、武術の型や武器の練習をしたり、

対人で体を動かし合ったりする練習は非常に重要だ。」

ですので、本日はエネルギーワークから、

武学三軸、武術の対人練習、武器術、型の練習。

本当に久しぶりに私もジックリと身体を動かす事が出来ました。

そして、再度・・・・・(指導をするたびに思うのですが)、

七要、七勢は本当に重要であることです。

弥勒相研では、この2つと七式を人に伝える事が出来る事。

そして、既に指導者として伝える立場にある、

または、伝えようと思い行動をしている。

そして「武学綱領」と「理念」を己の人生の「志」とともに追求していく、

強い意志のある方を求めています!

明日はインストラクター講座です!

よろしくお願いいたします。

20201101 安西裕也

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。