オートファジーと糖質 その4

上手く使うと、痛みを和らげたり、

高いリラックス効果を得る事が出来る、

素晴らしいものなのです。

 

時間の移り行きが早い現代で、リラックスする事はとても大切です。

使う私達が「悪にするか」「善にするか」を握っているのです。

自分自身はどのように生きたいのか?

自身の「在り方」が問われているとリッツは思います。

 

この事をちゃんと向き合い考える事が、

今の時代を生き抜く重要なカギとなると思います。

何度も言いますが、砂糖は悪いものではありません。

それを使う私達がどうあるかが問題なのです。

 

武學體術の稽古で、特に武器術の稽古のときに、

武學士レノンリーが必ず言う事があります。

レノンリー「ナイフは、そこに在るだけでは何の殺傷力も持たない、単なる鉄の塊でしかない。

ただ、そこに何らかの意図を持った人間が手にすると、

 

それは武器にもなるし、人を助けるための手術道具になるし、

農作業をするための物になるし、

食材を切って、料理をする道具にもなる。

 

人を傷つけるために使うか、

人を助けるために使うか、

道具そのものに意思はない。

使う人間がどのような意図を持つかによって、道具は変化する。」

 

ケータイで「ポチッ」とするだけで、家にモノが届く時代です。

何が必要で必要でないか、自分自身で選別しなければなりません。

The following two tabs change content below.

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。