「せいこう」(※変な漢字を想像しないでくださいね!)には3種類あります。

「成功」「成幸」「成貢」です

ただし、私の表現する「せいこう」は、「成幸」「成貢」の2種類です。

「成功」とは、単に、地位・名誉・お金といった、「物質的なモノ」です。
ここで重要なことは「お金など物質的なモノは手段であって、目的ではない」ということです。
また、死んでもあの世に持っていけないモノでもありますし、引き換えに得てしまうものも生じます。
「地位・名誉・お金を失う」という「不安や心配」です。

これまでにも、経営者、ビジネスマン、芸術家、芸能関係者、教職者、主婦や児童など、老若男女を問わず多くの方々に「武学」を通じた学びを提供してきましたが、その中で、非常に重要な真理に気がつきました。

それは「人が幸せになることと、経済的に恵まれることとは全く関係がない。」ということです。
そもそも人は、「お金そのもの」が欲しくて働いているわけではありません。

例えば「1億円が欲しい」方に、「差し上げますよ、ただし、額に入れて使わずに一生涯飾っておいてくださいね!」と言うと、困った顔をします。
そう、「1億円そのものが欲しい」のではないのです。

お金を使って得たい何かがあるのです

私たちは、「幸せになる」ための「手段」としてお金を得ようとしています。

どれだけお金があっても不幸な人はいますし、また、お金がなくても幸せに生きている人もたくさんいます。
つまり、「幸せになる」ということと「お金を得る」ということは、全くの別問題なのです。

人が「本当の自分」を知り、「真の自分らしさ」を手に入れ、幸せになること。
これが「成幸」です。

己を知り、己の目的に沿って行動していることが「徳」であると書いていますが、人はそれぞれがオリジナルの存在です。

その人にしかできない「貢献」があります。
この「貢献」を成しているのが「成貢」です。

ただし、この「成貢」は、順番から言えば「貢成」です。

「月収100万円になったら、社会貢献する」という方がいますが(結構多いと思いますが・・・)いつまでたっても社会貢献ができない可能性が高くなります。

今いるその場で、今あるその状態で、貢献することが大切なのです。
どんな小さなことと思うことであったとしても、行動するのが大切です。
小さな一歩は、積み重ねていくうちにとんでもない遠くへと運んで行きます。

イチローの言葉があります。
『小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道』

まさにこの通りだと思います。

さて、ここで「死」について考えてみましょう。
「死」には2種類あります。

①物質的な、体の死
②人々の記憶からなくなる、存在の死

です。

「成幸者」「成貢者」は、例え①の死を迎えたとしても、記憶に残り続けます。
つまり、後世まで生き、人々にその想いを伝えることができます。
松下幸之助氏は、まさにその人なのではないでしょうか?

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。