感情的と建設的などのバランスをとるとお伝えしました。

「広い視点と貫く想いを持ち、人間味あふれる建設的なリーダー」

という言葉に、

「完璧な人間」というイメージをされた方もいるかもしれません。



ですが、完璧な人間はいません。



秀でている性格や得意なこともあれば

どんなに努力しても苦手で改善できないこともあるのが人間です。




その為にチームを組みます。



例えば、「今」にどうしてもフォーカスしがちな人であれば

「広い視点」を得意な人と組めばいいのです。

例えば、講師として話すことが得意な人と

集客をするのが得意な人が組めばいいのです。




私たちのイメージしているリーダーは、

名前を前面に出して活動している人だけではありません。



チームのひとりひとりがリーダーという想いと自覚をもっていることを理想としています。



たくさんの視点があることを理解し

自分には何が出来て、何が苦手なのか、

どういう想いがあるのかを人に伝えることで

それを補ってくれる人が現れます。



一匹狼や、人と組むことが苦手な人も

どこかで誰かのサポートを受けています。




マインドセットでは、当たり前なことを言っていることがよくあります。

なので、他ではない体術に多く目が行きがちですが

心と意識と身体のバランスが整ってこその武学です。