今回は少し雑学的な感じになります。
アイスブレイクとして、お読みいただければと思います。

さて・・・

パソコンで「くんふー」と入力して、変換すると、「功夫」となるはずです。
(※私のパソコンだけではないと思うのですが・・・)

元々、中国の宋明学(朱子学・陽明学)で多用された用語です。

今「クンフー」「カンフー」と聞くと、

「アチャーッ!」「オチャーッ!」「ムギチャーッ!」などの、中国拳法をイメージする人がほとんどだと思いますが、違います。
そのような技も種目もありません。

「時間と労力を使う」「手間ひまかける」の意が本位で、

そこから、

完全な人格に至るための実践・修行・勉強・努力など

のことを指し示します。

本来的な意味は、次の通りです。

知識と行動をしっかり練って身につけ、成長させること

なのです。

「工夫」という文字でも置き換えられていますが、こちらは意味はお分かりだと思います。

よい方法や手段をみつけようとして、考えをめぐらすこと。
また、その方法や手段。
「新しい方法を工夫する」

ブルース・リーも映画の中で

「功夫(クンフー)がない」

と言っていますが、これは、

「しっかり練習してないね?」と言っているのですね。

知識と行動をしっかり練って身につけ、成長させることで

工夫

が生じます。

功夫なきところに成長なし、なのです。

今回の動画は1分15秒です。
功夫(クンフー)についてをお伝えしています。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。