今回は「会議の進行役「ファシリテーター」7つの役割~その7~」をお伝えします。
(大丈夫です、これで最終回ですから。)

会議を行う上で、最も重要なのは進行役、「ファシリテーター」です。
今回から「ファシリテーターの7つの役割」をお伝えしていきます。

まず、ファシリテーターの役割は、一言集約すると

「雰囲気コントロール」

となります。

「雰囲気コントロールのためには何が必要か?」が7つの役割に細分化されています。

今回は

役割6:シェアとフィードバックを促す

です。

各プロセスごとに承認をすることで、プロセスやコミュニケーションを完了させることが重要です。

指示した後、シェアした後など、各プロセスごとに疑問や質問はないか承認を得る、今これを決めたことを確認して総括します。

例えば

「今日はこのことがはっきりして良かった」
「この点がはっきりしなかったことが分かった」
「このことについて話せてよかった」
「新たに○○について疑問点が生じた」

などをお互いに同意し、確認します。

ファシリテーターは指示内容が完璧だと思っていても、伝わっていない場合もあります。

シェアした内容がみんな納得する意見だと思っていても、実は納得できていない人がいることもあります。

分からない、納得できないと割って入ってくれる人ならいいが、そういう人ばかりではありません。
割って入れない人の疑問や質問を放って次に進むと、その人はずっとそのことを考えて先に進めなくなってしまい、会議の雰囲気も崩れてきます。

プロセスごとに丁寧に承認・同意を得るこを習慣にすると区切りがついていきます。

このように、参加者全員の行動や思考をひとつのことに集中させ、終ったら次に切り替えさせることが、ファシリテーターの進行で重要なことでもあるのです。

いかがでしたでしょうか?
7回に渡ってお伝えしました。

「ファシリテーションスキル」はとても重要なのです。

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから

 

「成功」を超える「成貢」で「リーダーシップ」を発揮するためのセルフコーチング。
心理学を超越した、レノンリー武学を使った「自己啓発」「自己超越」のための、オンライン講座を提供しています。