「禮」は全ての始まりであり終わりである

他者との交わりにより、私達は私達自身の宇宙の存在を知るのです。

他者の宇宙を知る事によって、喜びを分かち合う真の楽しさを得れるのです。

他者の宇宙を受け入れることによって、自分の存在の意義を理解できるのです。

 

私達は私達の宇宙の創造主なのです。

しかし、一人では何も知る事も得れることもできないのです。

未完成であり、完成された一つ一つの宇宙なのです。

一人ぽっちの創造主は、一人ぽっちが嫌だったのかもしれないですね(笑)。

 

では、「禮」はいったい誰に行うものなのか?

それは自分自身です。

この「自分という宇宙」を創った自分にアクセスする為に「禮」を行うのです。

 

そして、自分の宇宙の存在を明確にしてくれる他者と、

自分の存在を許してくれる、この世界「場」に行うのです。

私達は、大いなる母なる宇宙から分かれた宇宙の分身です。

そして私という一つの宇宙を持つ存在です。

 

私達はその存在を知りたいがゆえに、物質が体現しやすい世界にきて、

人間という不便な肉の器を持つ生命体となり、

「禮」をすることによってでしか、宇宙にアクセスすることが出来なくなったのです。

不思議ですよね。

 

ワザと不便な世界にやってきたんですね。

それはいったい何のためなのか?

最大の感謝である「最高の喜び」を知るためです。

宇宙だったら「喜びを知る」ことは出来ません。

しかし、肉体を持っていればそれを知る事が出来るのです。

 

「禮」を持って「和」を成し、

全ての宇宙との繋がりの中で、

最大の喜びを知る。

 

私達はそのためにやってきたのですね。

だったら、「禮」を使って最高に今のこの瞬間を楽しみましょう!!

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)