探求を止めるな! その1

私達は言葉を生み出し、それを文字にする事が出来ます。

地球上に言葉を持つ生命は沢山いますが、

記録として文字に残す生命体は、私達人類以外は存在しません。

 

「神は光あれ」

と言ってこの世界を創りました。

「まず言葉ありき」

といって、私達に言葉を記憶して記録する方法を与えました。

 

というような文言が聖書に書かれていますね。

ずいぶん前に聖書を読んだことがあるのですが、

正直何の事なのかさっぱり分かりませんでしたが、

宇宙創成と人類創造の話なんですね。

 

あ、それは置いといて・・・・・。

私達は偉人や他の人が言った言葉や経験したことを、

違う人に伝える手段として、文字を開発しました。

そしてその文字は、(実際にあったかどうかは定かではない)当時の出来事を、

次の時代に伝える道具として発展していきました。

 

ですので、私達は数1000年前に書かれた古文書の内容を、

今でも容易に知る事が出来るのです。

 

レノンリー「釈迦やキリストは死んで無いやろ?」

ジョーイ安西「た、確かに・・・・・。」

レノンリー「何故死んでないと思う?」

リッツ「・・・・何故? 言葉を残したから?」

 

レノンリー「どんな言葉?」

リッツ「えっと・・・・・・。」

レノンリー「釈迦が、隣の家の犬が子供産んでん。

って言ってることを、誰かが書き留めると思うか?」

 

リッツ「・・・・・いえ、しないです。」

レノンリー「キリストが、耳がかゆいわ~~って言って、

誰かがそれを記録するか?」

リッツ「絶対にしないと思います。」

 

レノンリー「どんな言葉や?

彼らのどんな言葉が後世に残されてるんや?」

O氏「・・・・為になる言葉?」

レノンリー「誰の為??」

 

Sの木氏「えっと、周りの人?」

レノンリー「どれくらい周りの人??」

リッツ「え~~~~っと・・・・・・。」

 

ジョーイ安西「釈迦やキリストの言葉が、役に立つと思った人が、

自分以外にも、自分たちが死んだ後にも必要だって思ったから書き残した。」

レノンリー「何で必要なの?」

ジョーイ安西「・・・・・人が生きていくために、必要だから・・・・?」

 

レノンリー「そうやな。

さて、俺はいったい今何をしていた?」

全員「・・・・?? (話、飛びすぎじゃない?)」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)