第一の試練「自分の過去を知る」

 

 

レノンリー「リッツ、リッツが自分が認められない理由は2つある。

自分の事をよく知らないのと、他人の事をよく知らない。

人間は特に自分の醜い部分は、人に知られるより自分が知る事を拒む。」

リッツ「自分を知らない・・・・?」

 

レノンリー「そう。 自分を知らない。」

リッツ「でも、私は自分の事は自分が誰よりも知ってると思います。

だって、自分の頭と体を持っているのは自分なんだから。」

 

レノンリー「本当にそうか?

自分が今まで何をどんなふうに思って感じて生きてきたって、

お前は明確に言えるのか?」

リッツ「それは・・・・・・。」

 

レノンリー「自分ほど自分の事を知らない人間は居ないと俺は思うぞ。

自分を客観的に見れる人間は、生き方に迷う事なんてないし、

生きる目的がないなんてことは絶対に無い。

 

自分が見れるということは、他人を見れるということやから。

お前は、どうやって生きてきたのか分からないから、

自分の事だけじゃなくて、周りの事も分からない。

全てをまな板の上に置く。

つまり、明るみに出す必要がある!」

 

リッツ「・・・・・・実は、私は実父が記憶にないくらいの時に死んで、

母はその後子供のいる人と再婚したんですが・・・・・。

実はその時の生活の事が良く思い出せないんです。」

 

レノンリー「思い出せる範囲で良いから、過去を文字化しろ。

「自分」は今しかいない。 今この瞬間しか。

しかし、「自分」を形作るものは「過去の記憶」しかない。

「過去の自分」を明確にしろ!」

 

リッツ「思い出したくないんです。 辛いことが多かったから。

耐えられないくらいつらいことがあったから・・・。」

レノンリー「何がつらかったのか明確にしろ!

なぜそこから自分が目を背けたのか、ちゃんと認識しろ!

 

武学を志す者は、自分の闇にスポットを当てる。

その強さと勇気がないものは、武学を学ぶ門にすら立てない。

選べ。」

 

リッツ「・・・・・・わかりました。 文字化してきます。」

レノンリー「何時迄にする?」

リッツ「一週間以内に・・・・・、リー先生にメールを送ります。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。