リッツのたどり着いた一つの答え

とりあえず、リッツはこの時仕事を休んでいたので(これはまた別の話)。

調べ物をする時間が、他の人よりも多くありました。

それが、リッツにとってはとてつもない苦痛だったのです。

 

リッツ「こんな意味の分からんもん、調べたくない~~~~~!! TT」

元より勉強の苦手なリッツ。

ましてや「宇宙や地球」の事なんて、

小学校の図書室で図鑑を見る程度でした。

 

ただ面白いことに、本気になって調べ始めると、

苦痛だったのが少しずつ楽しくなってくるんです。

それは、知らないからこそ苦痛なのであって、

少しわかってくると、

 

リッツ「ふんふんナルホド。 こういう意味やったんか~~~。」

殆どの事が理解できなくても、何となく言いたいことは分かる。

と言う感覚を宿してきます。

 

そして、グーグルでイロイロ調べていくうちに、

一つの事を違う角度で言っていることに気が付きます。

当然なんですけどね。

 

「ビッグバン宇宙論」という検索ワードをかけて調べるんですから。

そして、ある瞬間が来ます。

パタっとリッツの手が止まりました。

 

そして電撃を受けたかのように一つの事に気が付くのです。

リッツ「・・・・そっか・・・・。 そ~~いうことか・・・・・。」

ビッグバンと言う爆発の前に、一点にエネルギーが集中した。

 

そのエネルギーの中に、今の宇宙のすべての情報が詰まっていた。

それは、まるで発芽する前の種の状態と同じなのです。

 

一粒の米には、1000粒を実らせる情報のエネルギーが宿っているのです。

1000粒の米の情報が既に入っているのです。

 

ですので、その小さな一点に、今ある私達のすべての情報があるのだとしたら・・・・・。

リッツ「まじで全てが兄弟じゃないか。」

ビッグバンという爆発によって広がった宇宙は、

それこそ母なる胎内と同じだったのです。

 

地球も、その他の惑星も、多くの星も、太陽も月も、地球に住むすべての生命も、生きていないものも、自然物でないものも、ゴミですら、同じところから生まれたのです。

リッツ「人類皆兄弟じゃなくって、宇宙皆兄弟じゃないか・・・・・・。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。