怒涛の使命統一100日プログラム

 

↑熱海断食道場は、使命統一プログラムでもよく使わせていただきました!

 

今でいう完全な「軍隊」か「ヤクザ」形式でした(笑)。

もぅ、あり得ないくらい厳しかったです。

ただ、本気=死ぬ気

のコミットがない奴は来るな!!

 

くらいの勢いでやっていたので、

無駄に異常なほどの、やり甲斐感がありました。

やり甲斐感があるということは、自然に反しているという事なんですが。

当時はそんなことはわかりません。

 

昭和の最後の名残でしょうかね(笑)。

「歯ぁ食いしばれ!!」的な。

令和には全く向きません。

今思うと、只の怪しい熱狂的な、

どっかの宗教の信者と何ら変わらないのですから。

 

実際に使命統一プログラムを受けたのは、

リッツ含めて4人でした。

リッツには旧知の顔が2人。

安西は自分以外ほぼ初顔合わせでした。

 

2人ずつの2組に分かれました。

 

「使命統一プログラム導引」

受けるまでに、事前に振り込みと(当時の私達には大金です)、

所信表明と、最後まであきらめない事と、

途中であきらめても講座費用は帰ってこない事への署名が必要でした。←もぅ、気分は血判状に判を押している感じ

 

そして、課題。

この課題がエグいのです・・・・・・・・。

導入に入る前に、何故この講座を受けたいのか、

自分の紹介も交えて、文章にすることと、その説明を当日しなければならかったように記憶しています。

 

この時リッツは原因不明の大病をわずらっていました。

「食品添加物アレルギー」という、

得体の知れない奇病で、肺機能が低下していくという、

とんでもない病気にかかっていたのです。

 

断食道場で週末に療養しつつ、このプログラムを受けていました。

 

リッツ・・・・・・・原因不明の病気にかかり、過去のトラウマを抱え自分の存在意義が見いだせない。

依存度が強い。 物事への理解度が低く、思考が散漫で妙な言動が多い。 自分の人生を自分で行きたいと願っている。

安西(ジョーイ)・・・・・自分とは何かが分からず、それを知りたくて足掻いている。 椎間板ヘルニアを自然治療で治したので、病院が嫌い。

依存心は高くないが、自己中心的で自分の思い通りに事を運びたがる。 人とのコミュニケーションは上手いが、縁を大切にしないので、それゆえのトラブルがある。

Y木・・・・・育ちが良いゆえの闇を抱える。 個体の能力は高いのだが、何事も最後までやり抜いたことがない。 またそれがコンフォートとなり、

人間関係がうまくできない事に深い悩みを抱えている。 その場から逃げる自分を変えたいと思っている。

S軒・・・・・成人する前に神経的な病気を抱えしまう。 引きこもってしまい、薬を飲むように。 薬をやめたいけれども、トラウマを抱えているため辞められない。 そんな自分に嫌気をさしている。 脱ニートと自分の人生を健康的に生きたいと思っている。

 

う~~~ん、こう書くと、そうそうたるラインナップですね・・・・。

第0期使命統一プログラムは、心や身体に傷を持つ者たちの、

人生の再生をかけた一大プロジェクトだったのです!!

 

・・・・・・今思うと、リー先生よく頑張ったよね(笑)。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)