安西裕也という人物

使命統一100日プログラムは、

全てが初めての試みのプログラムでした。

レノンリー自身もこのプログラムを行使するのは、まだ先だと考えていたのです。

 

レノンリー「東京にな・・・・・、変な奴がおる・・・・。」

リッツ「・・・・・へ?」

レノンリー「自然治癒力を高めるセミナーで出会った、そこでインストラクターをしている人物やけど・・・・。

使命統一プログラムの話をしたら、是非やってほしいって言ってきて・・・・。」

 

リッツ「・・・・・・・武学を知ってる人ですか?」

レノンリー「いや、全く知らんかったはずやけど、そのセミナーで出会って、

俺はたまたま、その男と同室やったんよ。

何してる? って話になって、

俺は「武学」を伝えている。 って言ったら、

 

「武学」とは何ですか? って聞いてきたから、

説明したんやけど・・・・・・。」

リッツ「・・・・・? 変じゃないじゃないですか。 別に。」

 

レノンリー「そっからや。 数日たって俺の携帯に電話が入って来てな・・・・。」

リッツ「名刺をお渡ししたんでしょう?」

レノンリー「東京で「武学」に関してのセミナーはしてないんですか!!って聞いてきて、

俺のブログを全部読んだって言うねん。」

 

リッツ「それは、相当変わってますね・・・・・。

リー先生のブログって普通の人読めないし、普通に読めないじゃないですか。」

レノンリー「・・・・・・失礼な。

でもまぁ、造語だらけやから、よっぽどじゃないと読まれへんよな。

 

それで、その男は何て言ったと思う?」

リッツ「読みにくいので意味を教えてください。 とか?」

レノンリー「・・・・・失礼やな。

それもあるけど、自分の生きている意味が分からないって、言ってきてん。」

リッツ「・・・・・なんと・・・・タイムリーな・・・・。

でも、いきなり殆ど他人のリー先生に、自分のそんな深い部分の話をするなんて・・・・・、

 

よっぽど変わってるか、よっぽど切羽詰まってるかの、どちらかしかないですよね。」

レノンリー「そうや。 おそらく、メッチャ切羽詰まってる。

気持ち悪い武術オタクじゃないし、自分の身体を治す為に、

自然治癒療法のトレーナーまでになったような人物やから、

基本はまともな人間やと思うねん。」

 

リッツ「でもまあ、別に取り立てて、変な人ではないのでは?」

レノンリー「だから、自分が何か分からないなら、武術を練習したら見えてくるって俺は言ったんよ。」

リッツ「ほうほう。」

レノンリー「そしたら、その次の日から関東の武学のセミナーに全て出席したんよ・・・・・!」

リッツ「それは・・・・、相当の変わり者ですね・・・・・。

よっぽど自分とは何かを知りたい人なんですね?」

 

レノンリー「それだけやない。 結構鋭いし、良いところに気が付くねん。

その男が何て言ったかった言うと・・・・・。

「ハイダコウやとラッピング連関の練習をずっと繰り返していても、

リーさんの自分とは何かの本質は見えないんじゃないんですか?」

って聞いてきてん!」

 

リッツ「結構頭の良い人なんですね。 んで、何て言ったんですか?」

レノンリー「そのと~~~り!! って言った。」

リッツ「え~~~~(それ詐欺やん)!! その人、怒ったでしょう?」

レノンリー「それが違うねん! 「じゃあ、どうやったら自分とは何かや、本質が見えるんですか?」って聞いてきた。」

 

リッツ「・・・・・ツワモノですね。 それで使命統一プログラムのお話をしたんですね。」

レノンリー「そう。 是非やって欲しいって言われたわ。」

リッツ「やるんですか?」

レノンリー「やらなアカンようになった。 あと数年キチンと形を整えてからって思ったけど・・・・・、

俺も結構タンカ切ってしもぅたし・・・・。

 

何より、あの訳の分からん熱意に押されてしまった。

こんなこと、久しぶりやわ・・・・・。」

リッツ「その方のお名前は何ですか?」

レノンリー「ジョーイ。」

 

リッツ「・・・・・へ? 外国の方?」

レノンリー「おそらく日本人。」

リッツ「・・・・・・・・・・・・。」

 

また変な人が来たなぁと、ぼんやりと考えながら、

思った以上に使命統一プログラムが、レノンリーの中で出来上がっていなかった事実に、

軽いショックを覚えていたリッツなのでした(笑)。

 

ジョーイこと、安西裕也氏がいなければ、今の志体術プログラムは存在しなかったかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。