「武学」とリッツ その189

レノンリー「もちろんFTは誰かひとりに肩入れする事もしてはいけないし、

この人に世話になったから~~~とか思って、

個人を特別視してもいけない。

 

この会議・セミナーで最も良い結果を導くために、

自分のやるべきことをちゃんと把握する。

把握し続ける。

それがFTの仕事かなぁ。」

 

ジョーイ安西「めちゃ重要ですね・・・・。」

レノンリー「そうやで。

FTは講師が話す内容よりも、重要な事をしてる。

講師の話が面白くなくても、FTの紹介一つで全く違うようになる。

 

講師がショボくても、FTのティーアップが絶妙やったら、

しょうもない話でも人は聞くねん。

そしたら参加した人はこういうねんな、

『素晴らしい会議・セミナーでした。』

 

でもFTのティーアップがクソみたいやったら?

講師が凄くても、講師に対して壁が出来てしまっていたら、

講師の話が参加者に入らなくなる。

そうしたら、『この会議・セミナーは全然良くなかったわ。』

となる。

 

FTは軍師であり、プロデューサーなんよ。

太極を見ながら、最も良い方向に導く役目。

だからFTを何回も経験すると、本質からブレにくくなるねん。

 

人間やからブレる事はあるんやけども、

何の目的で、今、自分はこの行動を行っているのかを、

認識する癖がつくんよ。

The following two tabs change content below.

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。