「武学」とリッツ その179

レノンリー「っとまぁこんな感じや。

ようはスピードって言うのは、相手に考える隙を与えない事やねん。

考える隙を与えてしまったら、色んなことが出てくる。

 

もともと会議の場なんて、

超アウェイの状態から始めるもんやからな。

周りの人間は『絶対議案を通してやらん!』って思いながら居るから、

本当にそこで通ってくるモノっていうのは凄いものなんよ。

 

会議でのスピードは速い方が良い。

5秒で考えて50秒で文字化する。」

O皮氏「ファストチェスですね。」

レノンリー「そう。」

 

ジョーイ安西「ファストチェスって何ですか?」

レノンリー「チェスの一番初めの言っての事で、

5秒で考えて出した一手と、1時間考え続けて出した一手は

ほぼ90%近い確率で同じっていう。」

 

ジョーイ安西「つまり、長々と考えても答えは同じってことですね。」

レノンリー「逆にインスピレーションの方が、変な思考が介入しない分、的確やともいわれる。

この、インスピレーションの部分を引き出すためにも、

スピードは重要やねん。

 

だから俺はFTするときに制限時間を設ける。

時間を切るって事は、めっちゃ大事で、

ちょっとしたストレスはスリルに近い。

 

負担にならないくらいのストレスを与え続ける事は、

参加してる人間のワクワク感を増長させて、

その場に関わる気持ちを継続させる。

The following two tabs change content below.

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。