「禮法」の威力

 

 

本当の強さとは、自他に感謝を体現できること。

そこに行きついたレノンリーは、

武学体術の技術を駆使して、「感謝の体現」をする方法を発見しました。

 

それが「礼(禮)法」です。

もともと「禮」とは「神に感謝の意をささげる」という意味を持ち、

自身が存在していることを、そしてこの世界そのものの存在を、

「禊」を使って神様にお伝えするのです。

 

「禊(みそぎ)」とは字の示す通り、

示(しめすへん)は神様を意味し、契(ちぎり)は約束を意味します。

神様と約束をするために、心身を清める。

禊とはそのための行動の事です。

 

そして「禮」。

「禮」は「武学」では「0化の体現」とも言います。

「無にして有。 有にして無。」

0は何もないのではなく、無いという何かがあるのです。

 

この全てを使い、「禮法」という形で日常に落とし込んでいます。

これが「武学」の一番最初の練習です。

一日5秒もあれば出来ます。

 

大切なのは日常なので習慣化すること。

なぜならば「武学」は特別なところで特別なことを学ぶわけではないからです。

「武学」は日常。

何かあれば日常的に「禮法」を行うこと。

 

それが一番最初に学ぶことです。

さあ、今日の「禮法」はもう終わりましたか?

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。