コミュニティーの力 その6

レノンリー「非力だったホモサピエンスは、集団行動をとることで生きる事が出来た。

その情報がDNAレベルで刻まれてるから、

俺達にとって一番キツイのは、無視されたり除外されたりする事や。

何故なら、そうなると生きる事が出来ないと、本能で思ってしまうから。

 

集団の中で、「自分が不要だ」と思われることほど恐ろしいと感じるものは無いねん。

イジメられて悲観して自殺する原因は全てこれや。

ただ、これからの時代は違う。

インターネットがあるから、家の中で引きこもってても何処かの集団に参加する事が出来る。」

 

O皮氏「例えばゲーム仲間とかですか?」

レノンリー「そう。 引きこもった子供がインターネットゲームで友達作って、

オフ会とかして集まる。

学校行って友達作らんでも、ゲームを通じて友達を作る事が出来る。

 

例えば仕事を持つシングルマザーの集まりで、皆でそれそれの休みの日に交代で子供を見る。

高額な金を払って託児所に子供を預ける必要が無くなったり。

これから自由自在にそんな事が簡単にできる時代が来る。

 

そうなると、よく理解しないといけないのは、コミュニティーとは何ぞや? やねん。

ググってみたら、コミュニティーとは、

①町村、都市、地方などの、居住地域を同じくし、利害を共にする共同社会。

②生産・自治・風習・習慣などで深い結びつきを持つ共同体。

③財産・権利・趣味・思想などの共有や一致による社会的交わり

①、②、③のこのような状態にある人々の集まりを指す

 

まー、つまり人が何らかの目的で集まったらコミュニティーって事やねん。

ただ、井戸端会議じゃなくて、コミュニティーには目的がある。

その目的に人は集まる。

そしてこれからはそこに金も絡んでくる。

 

コミュニティーと井戸端会議の圧倒的な差は、

コミュニティーには意図や意味がある事。

何らかの目的をもって人が集まっているのがコミュニティー。

意図が無いのが井戸端会議。

 

コミュニティーは目的や意図があるから、

そこに必要なのは教育や躾をする人間ではなく、

集まった人を目的地まで案内するリーダーや指導者が必要になる。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)