コミュニティーの力 その3

Silhouette of group of friends having fun on the beach with sparklers

レノンリー「ただ、それは今までの昭和の考え方。

平成は違う(このときまだ令和ではありあせんでした)。

織田信長が死んだら、織田軍はどうなった?」

O皮氏「総崩れになって壊滅しました。」

 

レノンリー「当時、京都の帝をもしのぐ力を手にしていたという、

織田家は一気に力を失った。

カリスマ的なトップの、トップダウンシステムは、

信者のような人間を作ることは出来ても、頭が無くなれば崩れてしまう。

 

コミュニティーとしては決して強いとは言えない。

例えるならば日本刀のようなものや。」

O皮氏「世界一切れる刃物でありながら、横からの攻撃には弱い。

ってところですか?」

 

レノンリー「一点に特化すると、必ずそのような現象が物質界でも起こる。」

だけど、様々な鉄を高温で溶かして作った刃物は?

切れ味は日本刀ほどではないにしても、丈夫で衝撃にも強い。

これからのコミュニティーは、トップダウンではなく、

 

突発的勃発的な無形型コミュニティーが絶対に代頭してくるはず。

トップが無くなれば壊れるような弱さを持たず、

個々で各々が発展して成長し合うような、

だけど根っこでは繋がっているようなコミュニティーが出来る。」

 

ジョーイ安西「何故ですか? そんな事は可能なんですか?」

レノンリー「出来る! インターネットがあるから!」

ジョーイ安西「あ、そうか!!」

レノンリー「世界各地の人間と、一瞬で情報交換が出来る最強のツールがあるやろ。」

 

リッツ「あ~~~、それさえあれば、簡単に情報を交換できるから、

トップダウンをする必要が無いって事ですか?」

レノンリー「厳密にいえば、意志さえあればいい。

ルールのような決まりのようなものがあって、それに賛同する人が集まる。

 

これはいままでもそうやけど、違うのは離れた場所の人もコミュニティーに入る事が出来る。

そして、そのコミュニティーのルールや規約を守れば、

その意志に賛同する人間を現地で集める事が出来る。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。