お金の真実 その2

レノンリー「さて、皆に質問するけど、

自分の全財産が、財布に入っている小銭しか無くて、

住む家も食べるものも無く、頼れる人もいない。

目の前に二つのものが置いてあって、どちらかを自分のモノにできるとする。

 

一つは金の延べ棒一本と、

もう一つは金の延べ棒と同じ金額の、600万が入ったジュラルミンケース。

どっちを取る?」

全員「迷わずジュラルミンケースです!」

 

レノンリー「何で?」

ジョーイ安西「金の延べ棒を持ってても、何処で売ったらいいかもわからないし、

そもそも直ぐに使う事が出来ません。」

 

レノンリー「そうやねん!

金の延べ棒の方が価値があるって分かってるのに、

「お金」の方が圧倒的に便利やから、俺達はケースの方を取る。

でも実際、一万円札の紙切れ一枚に、一万円の価値はない。

 

せいぜい制作費用は2円程度ってところじゃないか?

だけど、家を借りるのも、ラーメン食うのも、

金の延べ棒じゃできなくて、2円の福沢諭吉なら出来る。

「お金」は何にでも交換できる、非常に便利な道具だからだ。

 

なので、この2円の札束が100枚あると、殺人が起こってしまう。

それは、この紙切れに価値があると、皆が信じているからに他ならない。

「お金」っていうのは、本来、人間が人間らしく暮らす為に、

便利になるように作られたモノなのに、「お金」をめぐっての争いが至る所で起こっている。」

 

お金の成り立ち その1

お金の成り立ち その2

お金の成り立ち その3

レノンリー「動画を観たら、お金に権力がついたのがよくわかる。」

 

ジョーイ安西「・・・・・俺は、何の為に働いているのか・・・・・、

本当に分からなくなってきました・・・・・。」

レノンリー「俺もこの事実を知ったとき、働くことがバカバカしくなった。

ただ、これも全て、幻想でしかない事を理解してほしいねん。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。