人々が崇拝する神とは? その1

リッツ「神は、人が創り出したもの。

心のよりどころとして、生活の一部になっていたもの。

昔の生活は今のように便利ではなく、自然に大きく左右されたので、

自然の偉大な力に畏怖を感じた人間が、自然を神としてあがめた。」

 

レノンリー「そのとおりやな。

リッツは神を信じてる?

神って見たことある?

祈ったときに出てきた?

構成要素の元素記号は何?」

 

リッツ「えっと・・・・・・・?

いるとは思いますけど・・・・、見たこと無いです。」

レノンリー「って事は、曖昧ってことだよな?

人が創った神は、実は非常にあいまいな事が分かる。

ここで、一つの映像を観てほしい。」

 

時代の精神vol.1

時代の精神vol.2

時代の精神vol.3

(今では驚かない事ですが、10年前にこの映像を観たときは、衝撃を受けました。

アップされては何度も消され、それでもアップし続ける人が鼬ごっこをくりかえしていました。

今では全公開で全て載っています。)

 

レノンリー「神とは? 宗教とは? いったい何なのだろうな?」

O皮氏「・・・・キリストは居ないのですか?」

レノンリー「俺が思うにやけど、おそらくやけど、キリストのような人物はいたと思う。

 

よくよく調べると、聖書も、コーランも、仏典も、世界中に散らばる神話や古文書も、

実は同じことを言っていることが良く分かる。

その国や地方によって表現の仕方が違うだけで、

同じような事を言ってる。

 

ってことは、おそらく本当に、そのような事をした生き物がいたはず。

それが宇宙人なのか人なのか神なのか、俺には分からない。

そこに居なかったから(笑)。

ただ、重要なのは、ここじゃない。

 

だいたい、エルサレムは3つ以上の宗教の聖地とされている。

そんな事、偶然にありえない。

同じところから派生しない限り・・・・・。

だけど、同じ親の元から分かれたもの同士が、いがみ合っている。

これは一体なんだ?

 

リッツ答えて。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。