努力によって生涯時間を変えれる

レノンリー「課題発表の前に、みんなに知って欲しい事がある。

俺達は有限の肉体を持っている。

所謂これは肉体時間と言われている。

肉体を保持、維持している時間。

 

勿論、健康や寿命と言う個人差がある。

とりあえずは平均的に考えて、

寿命が85歳として、365×85=31025日。

24×31025=744600時間。

 

一日平均7時間寝るとして、7×31025=217175

744600-217175=527425。

85歳生きる人間には、おおよそこれだけの活動時間が与えられている。

これを考えたうえで次の質問をするで?

 

大会社の社長と、参画講演で座ってるホームレスのオッサンと・・・・。

同じ年齢で死ぬとしよう。

果たして使っている時間は同じだろうか・・・・?」

 

全員「・・・・・・・・・・!」

レノンリー「どうおもう? ジョーイ、どう思う?」

ジョーイ安西「・・・・・・違うと思います。」

Sの木氏「使っている時間は同じです。」

 

O皮氏「え? これってどうなんの?」

リッツ「使ってる時間は同じだけど、その時間に携わってる人の数が違う・・・・・?」

レノンリー「リッツ今なんて言った?」

リッツ「・・・・・・だから、社長さんは、従業員さんの働いている時間を使って、

 

更にそれ以上の事をしようとしてるから・・・・・・。

え~~~? でもやっぱわかんない!」

レノンリー「そーやねん。

使ってる時間は同じ。

 

だけど?

孫正義の1分と、ホームレスの1分は、

恐らく絶対に質量が違うよな?

重さが違うねん。

 

つまり、「人生の目的」である「使命」を出すことは、

この「重さ」を自他の人生に持つことになる。」

リッツ「え~~~と、ヘヴィーな人生?」

 

レノンリー「それは困難が多い(呆)。

グラヴィティの方。

グラヴィティ・ライフ!」

リッツ「(それもどうかなぁ・・・・・・。)」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。