時間とは量より質 その8

レノンリー「あんな量の課題、

大学生の卒業論文よりも無理や(笑)。」

全員「え~~~~!」

レノンリー「今回はチームで解決しないと絶対に終わらないようにした。

 

しかも、俺はジョーイが動くのは大体わかってた。」

ジョーイ安西「どうしてですか?」

レノンリー「ジョーイが一番毎日30回を、完璧に出してくるから。

朝、昼、夜ほぼ変わらない時間に30回必ず出してくる。

 

ジョーイは天命の書き出し、パーフェクト!

これは仕事を持っているから出来るっていうのもある。

仕事は必ず決まった時間に行かなければならないから、

必然的にその合間で書き出しを行わないといけなくなる。

 

日々のルーティンに入れる事が、実は仕事をしているっていう制限があるからこそ

出来る事やねん。

逆に、リッツ、O皮、Sの木は、自由になる時間がある。

起きるのも寝るのも自分の自由。

 

そうなると、よっぽど強い意志か、目的意識が無い限り、

時間通りに30回もれなく書くことは難しくなる。

何故ならルーティンを組めないから。

時間があるけどもそこに対してコントロールが出来なければ、

 

それは時間が無いに等しいねん。

逆に、限られた時間しかない中で、工夫して時間を作ると、

それは時間をコントロールしてることになる。

時間は量ではなく質や。

 

つまり、ジョーイはみんなに比べて、「武学」にかける時間が凄く少ない。

そうすると、人間は頭を使うようになる。

30回書きだすための時間は、完全に決めて自動的に行えるようにする。

夜遅くまで仕事があるから、仕事の合間に調べ物をする。

 

そのなかで、ジョーイはこう思ったはずやねん。

このままじゃ課題は出来上がらない。

30回毎日完ぺきにこなしてるジョーイやからこそ、

課題も絶対にクリアしたい。

 

でも、一人じゃできない。

仲間の力を借りよう。

だから、関西にきて、課題を分けようってみんなに提案したんやろう?」

ジョーイ安西「そのとおりです。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。