時間とは量より質 その4

非常に合理的な考えをする、ジョーイ安西はリーダーに向いていました。

そして細かい所に気が付くO皮氏は、副リーダーに向いていました。

一番年上で一応女性であるリッツは、会計や書記に。

そして素直な性格のSの木氏は事前準備をする事に。

 

課題の分担は、当時はどのようにしたのかはよくは覚えていませんが、

ジョーイ安西の提案が無ければ、私達はこの課題を提出することは出来なかったと思います。

リッツは「神や宗教や人類」を担当したと思うのですが、このあたりの記憶は既にあいまいになってきています。

 

やはり「お金」を担当したO皮氏は非常に苦労をしたようです。

そして「リーダー」を担当したSの木氏は、全然意味が分からないと言っていました。

ジョーイ安西は「社会や会社や学校」などのコミュニティーを担当したと思います。

 

毎日毎日何時間も意見交換をしながら、

「志命」の当日を迎えることになりました。

とりあえず自分の調べたことは、余すことなく仲間にシェアをしてフィードバックをお互いし合っていました。

ハッキリ言って、自分が出した答えが皆にとって役になるのか・・・・?

 

リッツはそれが本当に心配でした。

当時のリッツは本当に自己肯定力が低く、何に対しても自身が無かったのです。

自分が一番年上なのに、みんなすごい能力を持っていることにも引け目を感じていました。

でも、食らいついていくしかない!

 

リッツ「それだけお金払ったもんね!!」

リッツもジョーイ安西ほどではないですが、

かなりギリギリの状態で、今回の講座を受けたのです。

リッツは原因不明の難病で、仕事に行けなくなっており、

 

無論収入が途絶えていたのです。

そんな中、病院に通うための交通費や治療費も高く、

本当に何とか捻出した講座費用なのでした。

 

こんなギリギリの状態で何かを行い続けたのは、

恐らく生まれて初めてではないでしょうか?

ともかく、時間を有効利用したりすることが苦手なリッツにとって、

仲間の力を借りれることの素晴らしさを、身に染みて感じた出来事でもあったのです。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。