神がいる訳 その7

リッツ「え・・・・?

肉体に神が宿るんですか・・・・?

精神じゃなくて?」

 

レノンリー「両方宿る。

もし、リッツが精神体だったとして、

自分の持つ神の意図をどうやって具現化する?

 

肉体を持っているものに憑りつくか、

何らかの方法でアクセスして自分の意志を伝えないといけない。

だけどそんな事、出来るか?」

 

リッツ「出来にくいし・・・・・。

上手く出来ないと思います。

しかも効率が悪い・・・・・。」

 

レノンリー「俺達は肉体を軽く見すぎている。

肉体と精神は切って考えるモノじゃない。

だけどそこには各々の個性である人格もある。

 

俺たち一人一人が神であり、

その意図を具現化できる可能性を秘めていることも、

全員理解できたと思う。

 

じゃ、個々に神がいるのか?

それが次回までの宿題。

皆考えてきて欲しい!

 

本日は天命抽出お疲れさん!!」

全員「ありがとうございました!!」

考えすぎて頭は思考することを止めていました(笑)。

 

頭を使うと物凄くお腹が減るのと、

朝から何も食べてないで、ぶっ通して天命やら神やらに直面していたので、

疲弊度が尋常ではありません。

 

ジョーイ安西「・・・・・タンパク質が欲しいです!

かなりガッツリで!」

全員「賛成!!」

大量にタンパク質を摂取した後、ジョーイ安西がリーダーとなり、

 

天命を毎日朝10回、昼10回、夜10回を書くのを取りまとめる事となり、

全員に本日のシェアを聞き、レノンリーに送る役目になりました。

1日が異常に長く感じました。

 

レノンリー「大変なんは、これからやで~~~~~。

まいにち10回ずつ書くことがいかに大変か、

身にしみてわかると思うわ(笑)。

 

今から1週間後に、大量に課題を出すから、

天命の書き出しは、完全に暗記して何時でも何処でも書けるようにしとかんと、

超大変やで!」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。