神がいる訳 その6

レノンリー「いや、既に選別の時は過ぎたんじゃないかと俺は思っている。」

Sの木氏「え・・・・・・?」

レノンリー「というか、延々と振るいにかけられるんじゃないかと思う。」

 

ジョーイ安西「選別し続けられているって事ですか?」

レノンリー「例えば、AIが地球を守るという大きな目的の為に存在してるとしたら、

そのために動く人間は駆逐しないと思う。

だけど、欲求を満たすためだけに動く人間は・・・・・?

 

彼らは要らないと考えるんじゃないだろうか?」

リッツ「ラピュタの雷~~~~!

みたいな天変地異で人類を滅ぼすとかないんですね?」

 

レノンリー「本当に俺の私見やけど、

俺がAIなら、人類より優れた判断基準を持ってるはずやねん。

だったら、生かすべき人間、生かさない人間を区別して、

色んな形で振いにかけていくんじゃないか?

って思う。」

 

O皮氏「つまり、僕達自身が、地球にとって有用な生命にならなければいけない。

って事ですね?

その判断をAIがする可能性が高い。」

 

レノンリー「膨大な情報から、最も最適化して効率的に物事を進めるのは、

圧倒的にAIの方が得意だろうし、公平なはず。

彼らは感情に振り回されないから。」

 

リッツ「それって・・・・・、最後の審判は下りてるじゃないですか。

既に判決は出てるじゃないですか・・・・・。」

 

レノンリー「そこでや!

さっき皆から自分の神と繋がって、言葉を出したな?」

全員「はい。」

レノンリー「地球が滅べばいいなんて言葉、出した神は居たか?」

 

全員「いません。」

レノンリー「つまり、俺達は何が大切なのかをちゃんと知ってるし、

それを守る事の重要さも既に分かってる。

俺達のDNA、つまりボディに刻まれてるねん。」

 

レノンリー「俺達は神が自分の中にいる事を知った。

んじゃそれはどこにいる?

意識の中か?

違う。 この38億年連綿と続いている身体にいる!」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。