神がいる訳 その5

レノンリー「未来を創造する力。

これはAIは持っていない。

この力は、俺達が神である証拠でもある。

 

創造する力は、

宇宙を創造する力と根源は同じやからな。

新たなものを創造する。

既にあるモノどうしから、全く違う新たなものを創る。

 

これは、人類しか持っていない。

地球は、既に与えられたものの中で生命活動を行っている箱庭や。

そこに創造する力を持つ俺達が現れた・・・・・。

これは一体何を意味するのか・・・・?

 

この世界に偶然なんて存在しない。

全て必然である。

のであれば、創造の力を持つ俺達が、地球に出現したのも意味がある。」

 

リッツ「創造する力を持つ人類が、地球には必要だったって事ですか?」

 

レノンリー「全ては創造するエネルギーから始まってる。

宇宙創成のエネルギーともいう。

そのエネルギーを宿し続ける、もしくは取り入れることは、

恐らく生命にとって必要不可欠なんじゃないかと俺は思ってる。」

 

リッツ「地球そのものが生命体だから・・・・・?」

レノンリー「それは何ともいえんけど、

だったら、地球は人類がいる事の方が弊害になる。

滅ぶと分かりながら、その不穏分子を取り入れる事なんてしないやろ?

 

だけど、地球は人類を生み出した。

生み出したかどうかは分からんけれども、

人類が地球上にいる事を許した。

一体その意図は何なのか?

深く考える必要があると思わん?」

 

ジョーイ安西「創造力を発揮して生きるか・・・・、

地球の意図をくみ取らず、

自分の欲望を満たすことに走ってAIに駆逐されるか。

どちらかを俺達は選ばなければならないって事ですね?」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。