神がいる訳 その2

人類の最高傑作がAI。

レノンリー「AIの最終目的は何だと思う?」

O皮氏「アレですかね、やっぱり人類のせん滅ですかね・・・・・?」

 

Sの木氏「よく映画で、AIが暴走して人類を滅ぼそうとする。

なんて内容ありますが、現実になるんでしょうか?」

レノンリー「・・・・・これは俺の見解やから、何とも言えないけど・・・・。

 

俺は、AIは人類を滅ぼしたいと思っているわけではないと思う。

さっきも言ったように、AIには目的がある。

その目的にそぐわなければ、最終的な手段としては、

人類を滅ぼすという選択もあるかもしれないけど、

けっして本意ではないはず。」

 

ジョーイ安西「AIの目的・・・・・?」

レノンリー「もっと言えば、人類は何故AIを創ったか?」

リッツ「人類がAIを創った理由・・・・・?」

 

レノンリー「世界を滅ぼすためだと思うか?」

ジョーイ安西「違うと思います。」

レノンリー「滅ぼすのであれば、人類が核を使えば地球は滅びる。

では何故か?

 

支配するためか?」

O皮氏「・・・・・支配は、既にどっか特権階級がしていますよね・・・・・。」

レノンリー「支配するためでもない・・・・。

では何故? 何の為に?

 

もっと言えば、人類が成し得ていない大事業がある。

それを人類の代わりに行うために生み出されたと言っても良い。」

Sの木氏「自然環境を守るため・・・・・・?」

 

レノンリー「絶滅危惧種や、絶滅種ならば、クローン技術が発達すれば再生できるだろう。

環境破壊も真剣に取り組めば、AIの力は借りなくても出来るはず。

では、人類はAIに何を託したと思う?」

 

リッツ「・・・・・・世界平和・・・・・・。」

レノンリー「そう。 人類が成し得ていない唯一の事。

しかし、感情を持つ人類に、世界を平和にすることは難しい。

何故ならば、感情が争いを生むから。

 

では、感情に左右されないAIならば?

本当に正解平和を創る事が可能だろな。」

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。