ファシリテーターが最も気を配る所 その3

レノンリー「あまり難しく考えなくていいと思う。

ようはファシリテーターの一番の仕事は、

講師側と受講者側の隔たりを極力少なくする事や。」

O皮氏「講師の話を聞くようにするためですか?」

 

レノンリー「それもあるが、それ以上に、

講師の立場になってみて、人前に立ったらすごくよく分かるんやけども、

例えば会場の中に100人の人が居たとしたら、

講師の心境は、1対100やねん。」

 

ジョーイ安西「味方が居ないって事ですか?」

レノンリー「そのように感じてしまう。

特にさして興味もないのに、無理やり受けさされた研修とか、

マジでヒドイ。

 

もう喋る前から、帰りたくなる(笑)。

だけど、ファシリテーターとしての、

やるべきことをきちんと理解していたら、

めっちゃアウェイな状態でも何とかできる。」

 

リッツ「大切なのは雰囲気作りって事ですか?」

レノンリー「そう。

例えば、ファシリテーターや講師の話を聞く方が良いと思う雰囲気。

聞かなくても良いと思う雰囲気。

どっちのほうがより良い結果が得られると思う?」

 

リッツ「当然、話を聞く方が良いと思う雰囲気です。」

レノンリー「やろ?

でも、いつもそのような「場」で話が出来るとは限らない。

だから、話しやすい雰囲気を作る事が大切やねん。」

The following two tabs change content below.

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。