ファシリテーターの仕事とは その2

レノンリー「まだあるぞ。

そうする事によって、問題の解決、新たな創造、

気づきや学び、相互理解や情報共有などを促進する。」

O皮氏「ふむふむ・・・。 なるほど・・・・。」

 

レノンリー「ファシリテーションは、「目的達成」、「時間」、「人の力活用」という、

トレードオフ(目的に向けて、一方を立てれば他方がまずくなるといった、二つの仕方・在り方の間の関係)

にある3要素QCDを最適化しながら、

議論や学習、交流などの進行を促す「機能」である。

 

このような機能を果たす人のことを、ファシリテーターと呼ぶ。」

ジョーイ安西「凄く重要な役割じゃないですか。」

レノンリー「ある意味講師より大変。」

Sの木氏「QCDとは何ですか?」

 

レノンリー「これはよくビジネス書とかで出てくる言葉やけど、

Qualityとは品質の事で、いわゆるその商品製品のモノの質。

Costとは、そのモノの金額であったり、それを開発するにあたってのかかる金額の事。

Deliveryとは、配達の意味で使うけども、ようは納期の事で、消費者にいつ届けるのかってこと。

 

例を上げると、多分、最初に決まるのは提供する期限。

ようはゴールの設定。

それに向けて、これだけの品質や価値のあるモノを創りたい。

その為に必要なお金や人材や時間は・・・・・?

 

トレードオフとは、どれかに比重を置くと、どれかがおろそかになるって考え方で、

品質に拘ったらお金がかかって納期が遅れる・・・。

でも品質を落としたらクレームが来るリスクがある・・・・。

とか、そういったことをバランスよくするって事。

 

まぁ、当たり前っちゃ当たり前やねんけど・・・・。

これを最も良い状態で、全員の意見を出さしてまとめ上げるのが、

ファシリテーターが講師とは別って意味やねん。」

The following two tabs change content below.

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。