会議とセミナーの違い その1

レノンリーから「AKV」という言葉を聞いたのは今から10年以上も前になります。

「我命」を出す前に、皆に集まって欲しいと言われたので、

「我命」2週間前に再度全員で集まりました。

レノンリー「君たちはこれから、ファシリテーターを行うことになる。」

 

リッツ「走りってーた?」

レノンリー「走りたい訳やないわい! ファシリテーターじゃ!」

O皮氏「会議やセミナーの進行役の事ですね。」

レノンリー「そう!」

 

ジョーイ安西「要は、使命統一をするにはそのファシリテーターというものを、

理解しないとダメって事ですか?」

レノンリー「理解やない。

ヤルねん。」

 

リッツ「(またコレ、出たよね~~~。 うだうだ言わずにヤレ。 ってやつ

出たよね~~~~。 パワハラ上司みたい。)」

レノンリー「リッツ、何ぞ言うたか?」

リッツ「滅相もありません! 何も言ってません!」

 

O皮氏「ファシリテーターって進行役とか司会とかそんなポジションですよね。

セミナーの講師にも必要な能力なんですか?」

レノンリー「ファシリテーターとしての能力がないと、

どんなセミナーも意味がない。

 

つまり、人に伝わるのと伝えるのは違うって事や。」

全員「うむむむ・・・・。」

レノンリー「セミナーと会議。

どっちの方が楽しそうやと思う?」

 

Sの木氏「そりゃ、セミナーだと思います。」

レノンリー「会議は?」

リッツ「堅苦しくて詰まんなさそう。」

レノンリー「そうやんな。 ふつうそう思うねん。

 

だけど、逆!

セミナーこそ淡々とファシリテーターが進行するべきやねん。

そして、会議こそ、まるでイベントのように楽しくするべきやねん。」

全員「え・・・・・?」

The following two tabs change content below.

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。