「お母さん、ごめんね。 いままでありがとう。」

 

 

30年以上過ぎてやっと言えた感謝の言葉は、今でも忘れる事が出来ません。

その後、母と長い時間話し合えました。

不思議と変に凝り固まっていたワダカマリはほぐれていき、

感謝と謝罪の言葉がすんなりと口から出てきたのです。

 

 

私を見送る母。

その姿が小さくなっていくのを覚えています。

母の激しい破天荒な性格は、もともと持っていたものなのか。

と理解できました(笑)。

 

 

子供が生まれた今でも、母とは非常に良い関係を続けています。

リッツがこの世に出現できたのは、父と母がいたおがけです。

リッツがこの年まで生きる事が出来たのは、

母と義父が養ってくれたおかげです。

 

 

リッツが文字を読めてかけるのは、学校に通わせてくれた両親と、

リッツに学を教えてくれた先生や国の方針です。

 

 

リッツが好きな事があることに気が付けたのは、

リッツの挑戦を受け入れてくれる環境があったからです。

 

 

リッツが様々な人間関係で色んなことを学べているのは(今もですが)、

 

リッツと関わって下さった、沢山の方達がいるからです。

 

 

リッツがここに居れるのは、「生きることを許してくれる」この世界があるからです。

今この瞬間、この時に・・・・。

 

 

生きていることに感謝を。

ほんとうに有難い。

心からのありがとうございますを、生まれて初めて母に言えた気がしました。

 

自分の人生の手綱を、リッツは他の人に任せていたのです。

でも、ほかの人なんて存在しないのです。

リッツはリッツの人生を、ちゃんと歩いていかなければいけなかったのです。

 

これからもまた迷うこともあるでしょう。

まだ不安が全て取り払われたわけではありませんが、

今までの霧の中にいたような感じは無くなりました。

ココからリッツの「武学」人生がはじまったのです。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。