「志命」を出す その4

Sの木編 2

Sの木氏「・・・・・・・・・・。」

レノンリー「Sの木氏、思った事を言っていいし、

皆の前で発表するなら、等身大の自分で行く方が良い。

皆、Sの木氏の等身大の姿に感動して、地球の代表に選んだから。」

 

Sの木氏は頷き、話し始めました。

彼は日本の関西出身で、その土地では非常に有名な、

古くから続く会社の跡取りとして生まれました。

長男で生まれた彼は、祖父母、両親からの期待を受けて、

 

不自由のない生活をしてきました。

しかし、親せきや祖父母、親の期待が大きく、

結果を出す事を求められました。

何時しかそのような生活に強烈なストレスを抱くようになり、

 

彼は学生時代に挫折をしてしまったのです。

自分の弱さや脆さに直面し、それでも期待に応えられない自分を責めました。

何時しか全てに恐れを抱くようになり、

家からでなくなってしまったのです。

 

精神的にも不安定になり、抑制剤のようなものを飲むようになりました。

それを止めたいと思っても、やはり恐れから飲んでしまい、

徐々に効かなくなっては、より効果のある強い薬を飲まなければならなくなりました。

Sの木氏「一種の麻薬のようなものではないかと思います。

 

飲まなければ恐ろしいほどの恐怖感が襲ってくるのです。

副作用のせいか身体も震えが止まらなくなってくるし、思考もあいまいになります。」

後にSの木氏はそのように語っていました。

Sの木氏「しかし、私は武学に出会い、それを克服する事が出来ました。

 

人生の目的を定め、薬も徐々に副作用の少ないものに変えていく事が出来ました。」

そして、自分を許す事と、両親や祖父母を許す事が出来たこと。

弱い自分を痛めつける事によって、何とか奮い立とうとしていたけれども、

弱い自分を受け入れる事が出来たこと。

 

そして、今でも世界中で、薬や薬の副作用によって苦しんでいる人たちがいる事を知り、

「武学医術」を世界に伝える事によって、多くの人達の役に立ち、

今この場に立てたことにとても喜びを感じている事。

これからも「武学」を通じて多くの人達に自分の経験を伝え、

 

自身の人生をより素晴らしいものにしてほしい事と、

それを伝え続ける事を誓ったのでした。

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。
リッツ(安西律子)

最新記事 by リッツ(安西律子) (全て見る)