関東SSM講座

本日は、弥勒双研主催のSSM講座です。

今回はコミュニティー体術とセットで受ける事が出来る特殊な講座です。

関東では2回、SSMが行われ、1回コミュニティー体術が行われます。

この企画は、佐藤恵一氏と、合同会社共育と、弥勒相対力学研究所が、

コラボレーションをして、

「どのようにすれば、「武学」をより多くの人に広める事が出来るだろうか?」

と言う思いの基に作られました。

参加の条件は、SSM1日、コミュニティー体術2日の合計3日間を必ず確保できること。

どちらかだけを受けることは出来ない事。

本来SSM講座とコミュニティー体術講座は、それぞれで受講しなければなりませんでした。

SSM講座で学んだことを、きちんと自分の中に反復するための期間を設ける事と、

次回のコミュニティー体術までに、課題をクリアーしていることを条件にしていました。

それは今回の講座でも変わらないのですが、期日を決めて取り組むのと、

期日を決めずに取り組むのとでは、習得に差が出てきます。

しっかりと期日を決めて、決められた期間でキチンと取り組む方を選別したい。

そのような思いもあったのです。

コロナの関係で、リアルの講座は以前に比べて開催が厳しくなりました。

そのようななかでも、自ら志を明確にして、

自らの人生を自らの足で、しっかり生きていきたい!

そのような熱い思いを持つ方達が集まってくれました。

志を一日で出すことは、決して楽ではありません。

素晴らしいテキストを「共育」さんが用意してくださいましたが、

あくまでも自分が主体なのです。

講座の間、主体を取り続ける事の重要さと大切さを、

ずっと意識しなければなりません。

普段私達は、このような生き方をしていません。

ですので、中にはとても疲れてしまう方もおられるのです。

これが私達の教育の現実です。

しかし、世界は刻一刻と変化し、私達がその速度についていけなくなっています。

自分が自分の人生で迷子にならないように・・・・。

自身の生きる目的を出し、そこの舵を握り続けることは、

この激動の時代を生きていくうえで、必要不可欠だと私は思います。

FTをして下さった佐藤さん、松本さん。

映像写真の撮影をして下さった坂倉さん。

素晴らしいテキストを提供して下さった、共育さん。

そしてこの場をともに過ごした参加者スタッフのみなさん。

ありがとうございました!

また次回、コミュニティー体術でお会いしましょう!

そして私は今から最終のバスで仙台へ(笑)。

安西裕也

The following two tabs change content below.
リッツ(安西律子)

リッツ(安西律子)

「武学」を学んではや10年以上・・・・・。 その間に仕事を辞め、結婚をし、 現在は子育て真っ最中です。 私自身が観た視点で、「武学」や、それに関連することなどを、 面白おかしくわかりやすく、お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いいたします。