2月29日 コミュニティ体術

【2月29日 コミュニティ体術】

関西でコミュニティ体術を開催することも、少しずつ回数が増えてきて、スタッフの皆さんも随分と慣れてきたように感じます。

本日のファシリテーターは、前回も務めてくださった冨田さんと亀田さんです。

そしてサポート務めてくださるのが、おなじみ坂倉さんに田中さんです。

まず、講座に取り組む前にルールの説明をしっかりとおこないます。

これは非常に重要です。

コミュニティ体術とは、

「コミュニケーションの中で学ぶことに意味がある」。

それを、武学體術で証明している講座です。

ですので、講座でやることは非常にシンプルです。

①禮と志 ②接触回避 ③弥勒派半式 ④端末意識

この4つを体現することが出来たら、いったいどのようになるのか。

その実現と証明です。

まずは「禮法」を行い、そのチェックをお互いにしてもらいます。

ここで大切な事は、「禮法」がきれいにできるとかではなく、

ニュートラルや0次元(0ポジション)をしっかりと認識してもらうことです。

「武学」で重要な事はコンテンツではなく、そのコンテンツがどのような意味を持っているかです。

なので、技術が高いことに意味はありません。

ニュートラルを体感し、そしてそれを使ってどのように生きていくのか。

そこをしっかりと伝えることが本当に大切になってきます。

ですので、「禮法」の大切さとその検証方法、

それに関してどのように日々の生活を送る事が出来るかを、

長い時間をかけてしっかりと説明する必要があるのです。

そしてお互いが検証し合う、ワークに入ります。

人は、生きていて、たった一人で生活するなんてことはありません。

必ず誰かと共にいて、コミュニティーの中で生活をする社会生物なのです。

自分だけの為に生きたり、自分の事だけを優先する生き方を、

私達は出来ないようにセッティングされているのです。

「コミュニティ体術」は、

「どのような生き方を日々行えば良いのか?」

を自らが提示し、コミュニティの中で模索検証するための、

実践トレーニングシステムです。

主導権は、参加した一人一人である事を、

伝える側もしっかりと認識する必要があるのです。

明日は2日目になります。

スタッフの皆様、よろしくお願いいたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました