武学の観点からみる「」とは、
スタートとゴールの間にある道中であり、素直な行いです。



素直な行いの中には、

・喜怒哀楽を表現する
・人より自分の気持ちを優先する
・人と一緒に楽しむ
・人のために行動する

といった、
自己中心的にもみえる、自分が自分を大切にすることも
世のため人のためといった、奉仕の精神も
全てが入ります



最初の2つは特に、
自分勝手でいけないこと、と押さえつけてしまう人がいるのですが、



自分が満たされている状態で人のために行動するのと、
自分が満たされていない状態で人のために行動するのでは


どちらがより相手のために動けるか
どちらが相手から手を差し伸べてもらいやすいか
想像してみてください。


あなたは、どちらになりたいですか?

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
15日間無料で「武学オンライン講座」を体験できます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから