成長と言うと、多くの方が、右肩上がりの直線だと思いがちですが、

実は違います。

反比例の曲線のようになり、計算式は「複利計算」です。

最初のうちは、ほとんど目に見える成果は起こって来ません。

例えば・・・

毎日1%ずつ成長すると仮定しましょう。

1日目:1.01
2日目:1.01×1.01=1.0201

10日目:1.01の10乗=1.104622125

30日目:1.01の30乗=1.347848915

49日目:1.01の49乗=1.628348338



100日目:1.01の100乗=2.704813829

変化を感じる目安としてお伝えしているのは、

満中陰:49日
満中陽:約100日

で、49日継続しても「何となく変わったのかなあ?」という感じです。

一般的に、

成長は右肩上がりの直線

と思っている方が多いので、

成長は反比例曲線と同じ

との「ギャップ」・・・

おかしい、全く成長していないではないか?

を感じることなって、やめてしまうのです。

満中陰:49日
満中陽:約100日

は、あくまでも目安ですが、

この目安のポイントを「閾値」(いきち・しきいち)と言い、臨界点とも言えます。

臨界点を超えると、一氣に成長度合いがアップしていきます。

下の図のように。

成長曲線

ここで注意が必要です。

成長は複利計算であり、

間にやらない日があると、0.9などをかけていくことになる、ということで、

逆成長にも当てはまります。

成長とは、習慣化形成。

武学では、この入口として、

禮を習慣化し、毎日継続する

ことをお伝えしているのです。

閾値を超えるまでやり続ける。

とても大切なことだと感じますが、

いかがでしょうか?

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから