現在、オンライン講座で志を出した方向けに、

6ヶ月間の集中リアル講座を開催しています。

5月から始まり、7月上旬に満中陰(49日)を迎えました。

※49日間新しいことを実践すると習慣になりやすく、新しい習慣による変化も現れてくる期間です



弥勒派と志の奏上を毎日実践していただいています。



この6ヶ月では、

・座学
・自分の志と向き合うこと
・自分の身体と向き合うこと

だけでなく、

・講座運営を体験する

として、

講師として自分の言葉で伝える発表があり、

6ヶ月のうち1回は実際に準備から当日の進行までを行います。


人に伝えるためには、自分の中で情報を租借して組み立てなおすことが必要になります。

さらに、自分のbefore → after が入ると、よりその方の魅力になるため、

自分にどのような変化が起こったのか、客観的に分析する機会にもなります。


講座の準備・進行では、

「講座を見る視点が変わった」という感想もいただいています。

まさに狙い通りで、

何を意図して講座を組み立てているのか、という知識だけでなく、

「参加メンバーとこういう場にしたい」という想いで作成して行く過程や、

実際に運営してみての難しさや簡単さの体験を通して、

氣がつく視点が変わってきます。


そのほかにも、日常の仲間やご家族に実践内容をシェアする方、

講座のチームで練習をする方など

学びを自主的にアウトプットして楽しんでいらっしゃいます。


49日でそれぞれ皆様の変化が感じられますので、

これから100日の満中陽、そして6ヶ月間終了後に

どのような変化が起こっているかとても楽しみです。

(written by オンライン講座事務局)