「徳」や「人間力(ヒューマンスキル)」という定義は、人によって若干捉え方が異なります。

漠然としていて、なんとなく「良い人のこと」という感じを持っている人もいると思います。

オンライン講座では、基本的な人間力を3つの軸でお伝えしています。



「人格の軸」「人望の軸」「人徳の軸」です



人格は、原則や知性を中心とした、物事を俯瞰(ふかん)した視点で考えを持てることを表現しています。

俯瞰(ふかん)して物事を見ることができると、目の前の出来事や一時の感情に左右されにくいからです。



人望は、人を巻き込み、実践し、物事を形にしていくことを表現しています。

一緒にやろう!と声をかけて、一緒に動いてくれる人がいると、それだけ形になりやすいからです。



人徳は、自分以外の全てを自分のように愛せることを表現しています。

利他の心が、その人の深みとなっていくからです。



軸の長さがバラバラだと、いびつな形になります。

理想は3つの軸が同じ長さの「正立方体」です。



数値で測りにくいものではありますが、

イメージとして、この3つの軸を己を振り返る基準として考えてみていただければと思います。