人は、1日に数万以上の選択している、と言われています。

この数万の選択のうち、

お昼ごはん何食べるか?というような、意識している選択は1%にも満たず、

歩くときにどちらの足から出すか?などは99%は無意識に選択していることだと言われています。

そして、意識レベルの選択・無意識レベルの選択の結果が今の状態(日常・習慣など)です

この話をすると、

「この受け入れがたい状況・状態も私のせいだというのですか?」

「あの人が、ひどい態度をするのも私のせいだというのですか?」

と受け取られる方がいらっしゃいます。

「誰が悪いか?」という犯人捜しのような観点で考えると

自分を責めてしまって辛くなります。

良い・悪いという判断すら、選択の一つです。

ある人にとっては良いことだと思っても、

ある人にとっては悪いことだと感じてしまう。

これは、グリンピースが好きか、嫌いかみたいなものです。

「あの人がグリンピースを嫌いなのは私のせい」とは思いませんよね。

「あの人はグリンピースが嫌いなんだな」と感じるように

今の状況を、〇〇と感じている自分がいるんだなと

自分の感覚や感情すらも他人事みたいに捉えてみてください。

自分のことですら、他人事のように観察する視点を持つことで

固定観念や偏りを持たない、フラットな感覚で選択することができるようになります。

武学オンライン講座の中で、レノンリーがお伝えする「マインドセット」の意味は

マインド(意識)をセットする(整える)です。

心・意識を整え

なんのために、どこに向かって、どのように進むかを決めることは

何かを学ぶための土台です。

この土台が確立されないうちに、ノウハウを学んでも望む成果を得られることは少なく

一時的に望む成果を得られたとしても、再現性・維持継続は難しくなります。

開門版でお伝えしている「禮」は

新しいマインドセット(意識を整える)ための「習慣」です。

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから