唐突ではありますが、あなたは

「宇宙」とはどんな意味か?

ご存知でしょうか?


紀元前2世紀(前漢時代)頃の、「淮南子(えなんじ) 巻十一 斉俗訓」の中に出てきます。

※「淮南子(えなんじ)」:当時の学者を集めて編纂させた思想書


往古来今謂之宙:往古来今これ宙という
四方上下謂之宇:四方上下これ宇という

往古:過ぎ去った昔
来今:これから来る今=現在を含む未来

「時間」

を意味します。

四方上下:前後左右上下の全方向のこと

「空間」

を意味します。


つまり・・・

宇宙とは「時空間」のことを意味します


また、古代中国の宇宙観には、次のようなものがあります。

蓋天(がいてん)説
お椀をふせたように大地の上を半球形の天が屋根のように覆っていると考える説。

渾天(こんてん)説
天はニワトリの卵のように丸く、地は黄卵のように中心に位置するものだと考える説。

宣夜(せんや)説
物体が何もない空虚な空間が無限に続くというもので、無限宇宙論とも呼べる説。


淮南子からは、

『日本書紀』に「天文訓」が引用されています。

たまには、夜空を見上げて、

宇宙って何だろうか?

などなど感じて観るのもよいかもしれませんね!

 

レノンリーのプロフィールはこちらからご確認いただけます

 

「武学オンライン講座」のご案内

誰もが自分の可能性に氣づき、持てる力を存分に発揮し、多くの人や社会に貢献する事ができる「徳育」をどこでも受けられる「武学オンライン講座」を作りました。
「武学オンライン講座」を無料で体験できる「開門版」にご参加いただけます。

「武学オンライン講座」の詳細はこちらから